« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

釣行日 10月25日 後編

しんしんさんを迎えに行き、HT池に向かいましたが、先行者の車があり断念し、PT池へ。

PT池は満水、白濁り、水温 20℃

R池よりも水の状態は良さそうだったのですが、何を投げても、何処に投げても反応は無く、移動。

HT池に寄ると誰も居なかったので入ることに。水位は満水、灰色の濁り、水温 20℃

護岸沿いを流しながらアウトレットを目指しましたが、アウトレットは不発。冠水ブッシュを丁寧に撃ち進み、

20081025131602 少し奥にあったブッシュで。

シャローはしんしんさんに譲るつもりでパスし、倒木をタイトに狙いましたが反応ナシ。

ルアーをブリッツに変え、ブッシュを流しながら対岸へ。

20081025134031 冠水ブッシュの枝を乗り越えた時に食ってきました。

この後は何事も無く(涙)終了。

どの池も濁っていましたが、もう少し水質が良くなれば、もっと楽しめそうです。

釣行日 10月25日 前編

時間が空いたので釣りに行ってきました。

AM8:30 R池に到着。水位は満水、赤茶色の濁り、水温 19℃

池に入り、ブリッツMRでオーバーハング、バンクから流し始め、

20081025083533 バンク奥の立ち木を撃ち、枝を2,3本越えたところでガツン!

その後、ルアーをローテーションしながら、ブレイク、シャローを流しましたが反応は無く、対岸のワンドへ。

20081025091435 ここは居るでしょ~って感じのバンク+スタンプの影で。

写真を撮り終えたときに護岸でボイルがあり、投げてみると・・・

20081025092115 ←ボイルの正体がこの子(汗)

気を取り直して、サイズアップを目指し2周目に突入。

1本目を捕った立ち木でバイトがありましたがノらず、シャローへ。

ルアーをブリッツに変え、

20081025100138 ゴミ溜りから追って来てガツン!

隣の冠水ブッシュで、

20081025100415 サイズダウン。

この後、同じストレッチでバイトがありましたがバラしてしまいました(悲)

そろそろ上がろうかな、と思っていると、しんしんさんから電話があり、合流することになりました。

後編に続きます。。。

  

リザーバー釣行

19日、後輩達と某リザーバーへ行って来ました。

結果は2チェイスのみ、と散々でした(悲) 何の参考にもならないと思いますが、何をしてきたのか書いておきます。

AM7:00 出船。後輩Eによると、「橋脚がいいらしい」との事だったので、立ち木群を流しながら目的の橋脚へ。水は濁りが入り、水温は18℃

ベイトも居らず、シャローからディープまで一通りチャート系のクランクを通しましたが、ノー感じ。橋脚を諦め、対岸の立ち木群へ向かい、無反応。

バンクを流しながら、インレットへ。手前のレイダウンの奥に赤系のシャロークランクをキャストすると、20cmくらいの小バスが追ってきました。が、バイトには至らず。色が違うのかと思い、チャートに戻しても反応はナシ。

その後、岩盤からダムサイトまではディープクランクをキャスト。アピールが足りないようだったので、ラトルの入ったクランクを中心に投げましたが反応は無く、後輩と相談して中流へ行くことに。

しかし、中流の水は下流よりもひどい緑色の濁り。ゴミ溜りや、レイダウンにはベイトが着いていたので撃ち進みましたが、バスの影すら見えず。どうすればいいのか悩んでいると、後輩Kから電話があり、ボートの準備を手伝うために、一旦スロープまで戻ることに。

Kは下流へ、ワタシ達は良い水を求めて上流へ。

上流に近づくと、水の色は緑から赤茶色に変わり、ダメムードが漂いましたが、岩、レイダウンなどをシャロークランクで探り、最上流に到着。

さすがに最上流の水はクリアでしたが、それも十数メートルのみ。ベイトは多いのですが、バスの姿は確認できず、引き返すことにしました。

クランクを色々ローテーションさせてみましたが、上流から中流まで、何処に投げても無反応。

ワンド入り口の立ち木で赤系のシャロークランクにチェイスがありましたが、ボート際であっさり反転されてしまいました。

この後、朝一に入った橋脚に入り直したのですが何も起こらず、PM4:00に 終了しました。

今回の釣行は疲れただけでしたね・・・

釣行日 10月12日後編

20081012140402 M5Rにオーバーハングのシェードでヒット。

立ち木、バンクでも釣れ続けましたが、サイズは伸びず、ブレイクへ。

20081012151908 ブレイクでもM5Rの届くレンジでは同サイズだったので、M7に変えて少し深いレンジを通してみました。

この後、しんしんさんと入れ替わり、対岸へ移動。

倒木や立ち木をシャロークランクで丁寧に撃っても、釣れるのは30cmくらいの魚ばかり。

バンクに移り、Bスイッチャーで探るとナイスサイズがチェイス。残念ながら食わせることはできなかったのですが、そのまま巻き続けて、

20081012160701 このサイズ・・・

さらに同サイズをもう1本追加して(涙)この日は終了しました。

釣行日 10月12日前編

前回の釣行で何も掴めず、狙いが定まらないまま、釣りに行ってきました。

タックルは6ftのロッド。ルアーはシャロークランクが9割、ディープクランクが1割。色は半分くらいがチャート系、残り半分が赤系、ナチュラル系で、ノンラトルのクランクが7割を占めました。

AM8:00 PT池に到着。満水でいつも通りの濁り、水温は20℃

シャロークランクでオーバーハングから流し始め、レイダウンでバイト。魚が小さくてノラなかったんだな、と、あまり気にせずシャローへ。

カバーへタイトにルアーを通しても何も起こらず、バンクへ移り、不発。

20081012092929 対岸へ移動し、バイトのあったレイダウンの奥でヒット。

ショートバイトの正体はこの子か?

多分、レンジも場所も違ったんでしょう・・・

この池を諦め、P池に移動。水はクリアで期待が持てましたが、池を一周してノーバイト。(水温20℃)

HT池に移動。護岸沿いでギルのチェイスがあっただけ。ノーバイト。(水温21℃)

しんしんさんと相談し、H池へ向かうことに。

H池は、やや減水気味で濁りが入っていました。水温は20℃

20081012134859 池に入ってすぐの立ち木でM5Rにヒット。

20081012135242

反対側のブッシュ際でヒット。

ブッシュからすごい勢いで飛び出してきて、食いました。

魚の活性は高く、ルアーも合っていると考え、このまま暫く流すことにしました。

釣行日 10月4日後編

アクセスの悪いH池に苦労して到着。水は若干濁り気味でしたが、この日周った池の中で一番透明度が高く感じました。(春以来なので、良いのか悪いのか分かりませんが・・・)水温は20℃

池に入ってすぐ、しんしんさんに連発でバイト。自分は護岸沿いのウィードの上を探りながら進み、ワンドへ。

20081004122029 立ち木でM3にバイト。が、小さい。

20081004122605 試しにM5に変え、レンジを少し下げてみると、サイズアップ。

満足できるサイズではなかったので、SD85Fでもう少しレンジを下げてみることに。

20081004123946 ブッシュ際を流し、立ち木でヒット。このルアーは本来、ジャークベイトなのですが、ただ巻きで使ってみました。

20081004124131 同じ立ち木でもう1本。一旦止めて、巻き始めたときにバイトしてきました。

この後、シャローに移り、ルアーをM3に。しかし、ここは小バスの数が多く、釣れるサイズは10cm。レンジを下げても10cm。シャローを見切り、ブレイクをディープクランクで探りましたが、反応は無く、対岸へ移動。

20081004132414 バンク沿いでボイルがあり、M3で直撃。

その後、ルアーローテーションを繰り返しましたが、バイトは無く、移動することに。

次に向かったのは、MT池。この池はいつも濁っているのですが、この日もやっぱり濁っていました。水温は20℃

護岸からブッシュ、立ち木をシャロークランクで丁寧に流しましたが、ノーバイト。

しんしんさんと入れ替わり、対岸へ。

20081004155220 バンクに投げ、着水と同時にボコッと出ました。

「狙って釣った」というより、「釣れちゃった」感じでした。

その後バイトは遠く、ルアーをローテーション。

20081004161936 オーバーハングの奥のレイダウンでようやくヒット。枝に巻かれましたが何とか捕ることができました。

この後はバイトも無く、日没間近だったこともあり終了しました。

釣行日 10月4日前編

しんしんさんと合流する前に、池の状態をチェックしようと思い、いつものR池へ。満水、赤茶色の濁りで水温は22℃

明るくなるのを待って池に入り、先週と同様シャローへ。しかし、2週続けて同じパターンは通用せず、無反応。

ワンド、バンクもノー感じ。

オーバーハングでシャロークランクにショートバイトがありましたが、魚の反応はこれだけ。寒くて釣りにならず、移動。しんしんさんを迎えに行くまで、まだ時間があったのでN池に寄り道してみました。

N池は約1mの減水、水温 20℃

先週同様、魚の反応があった場所を探り、

20081004073549_2 オーバーハングでヒット。岸際をタイトに撃ってこのサイズ。立ち木エリアはノーバイトで、しんしんさんから連絡があったこともあり、急いで対岸に移動。

ワンド、倒木では反応ナシ。

20081004080002_3 マッドペッパーJrに変えて、バンク沿いでヒット。

サイズも伸びず、おとなしく池から上がり、しんしんさんを迎えに行きました。

しんしんさんと合流し、まず向かったのはPT池。満水で水はカフェオレ色、水温は20℃

先週反応の良かったブリッツMRでブッシュの際、ゴミ溜り、シェードを流しましたがノーバイト。

20081004091351_2バンクで反応が無ければお手上げでしたが、居ました。

しかし、先週のように複数の魚が着いていた訳ではなかったようで、捕れたのはこの1尾のみ。

シャローのブッシュやレイダウンは沈黙。この池を諦め、HT池へ移動。

HT池 も満水、赤茶色の水、水温は22℃

レイダウン、シェード、倒木をシャロークランクで流し、池を1周して全く反応ナシ。

ディープクランクに変え、アウトレットを探ると、ピックアップ寸前にバイト。しかし、ヒットしたのは残念ながら、巨ギル。

HT池から上がり、春に良い釣りができたH池に向かうことにしました。

後編に続きます。

準備

明日、久しぶりにしんしんさんと一緒に釣りに行くことになったので急いで仕度をしています。

今回はラトルの有無よりも、レンジを細かく刻めることを第一に考え、シャロークランクだけでなく、少し深いレンジまで用意してみました。

シャロークランクだけで事足りると思いますが、もし、ディープクランクまで巻くとなると、いつものタックルでは少々キツイのでスーパーノヴァ・ハスキーを持って行く事にしました。

ルアーの色は、水がまだ濁っているだろうと思い、チャート系が中心です。

良い釣りが出来ればいいのですが。。。

                       

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »