« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

あきれますよ・・・

JB TOP50初戦で不正が発覚したそうです。初日のトップウェイトは「生きエサ」だったのでしょうか?野尻湖での圧倒的な強さもエサ?

きっと、ファンの人達は怒り心頭だろうし、影響力があっただけに、サポートメーカーの損失も甚大でしょう。

トップカテゴリに属する選手が一体何をやっていたのやら・・・

釣行日 3月28日 下手すぎ~

いつもの野池に行ってきました。

予報では午後から風が出る、とのことだったのですが、既に吹いていたため、風裏になる山間部の池へ向かいました。

到着は8:30 水位は満水、白濁り。水温は10℃

プアなバンクはざっくり流し、立ち木、ブッシュ、ブレイクのミドルレンジを探ってノーバイト。ブレイクで捕る思惑は見事にハズレ・・・

陽の当たるワンドへ移動。シャロークランクで倒木や冠水ブッシュなど見えるカバーをタイトに狙いましたが、反応は無く。。。

護岸までだらだら続くバンクにディープクランクを通して、何も起こらず。R池へ移動。

R池の水位は満水、白濁り。水温は12℃

オーバーハングの影、立ち木、急深なバンクでシャロークランクに反応は無く。。M7に変更し、なだらかなバンクにブッシュが絡むエリアで待望のバイト!

カバーから離し、慎重にランディングしようと寄せたところ、無情にもフックは外れ・・・貴重なバスを逃してしまいました。

気を取り直し、対岸のシャローに点在する倒木を狙い、この日2度目のバイト!

今度は丁寧に、と思っていたのですが、またもやバラしてしまいました・・・

バスはシャローに差して来ているのですが、自分の腕にがっかりしています。。。(涙)

明日は・・・

寒の戻りが気になりますが、明日(28日)は野池へ行く予定です。

タックルは今から(現在22:30)準備、目的の池もまだ決めていませんが、サカナの写真を載せられるように巻いてきます。

釣行日 3月22日

クラブの大会に参加してきました。

小雨が降る中、7:00にスタート。昨日見た下流のベイトが気になり、岩盤沿いに集まったゴミ溜りからM5R(ブルーギル)で流すことに。

20090322071904 ゴミ溜りで反応は無く、岩盤に立ち木が絡むエリアで食ってきました。

このまま岩盤はM5Rで流し切り、シャローへ移動。倒木・岩など、見えるカバーをタイトに撃ちましたが無反応。

スロープの沖へ移り、ディープクランキング。ここもノーバイト。

この時点で、時刻はまだ9:30頃だったので中流のシャローまで移動することにしました。

しかし、バイトは遠く、何を投げても、どこに投げても無反応。おまけに雨は土砂降りになりボートに水が溜まってしまい、バケツで汲み出す始末。。。ようやく動けるようになったものの、上流を目指す時間帯ではなくなってしまい、朝の岩盤へ入り直しました。が、反応は無く、11:50に帰着しました。

結果は、520g/1尾で9人中4番。何とかゼロ申告だけは避けることが出来ましたが、2尾目が遠い!です。

しっかりプランを立てて、時間を上手に使わないといけませんね。。

 

釣行日 3月21日 前日練習

明日、22日にリザーバーで大会があるので練習に行ってきました。

釣行時の天候は晴れ。南東の風 3m

水は、先日のような泥水ではなく、白濁り。透明度は30cmくらいでしょうか。水位は、ほぼ満水、スロープ前の水温は14℃

AM7:30 出船。スロープから下流へ下り、ダムサイトを流しながら中・上流を目指す予定でした。

しかし、いきなりエレキが不調・・・どうやら接触不良だったようです。。。

エレキも無事に作動し、ダムサイト脇のワンドへ向かいましたが浮きゴミが多くてクランクを通すことは出来ず(ベイトは跳ねていました)、ディープクランクで岩盤を流しながら中流域にあるシャローへ。既に陸っぱりの方とボートが2艇浮いていたので、手前にある立ち木群にブラッシュ・ベビーを通しただけで移動。バンクを流しながら上流へ。

上流の水は、中・下流よりは良い程度。水温は14℃

岩盤、立ち木で反応は無く、レイダウンの下にある岩の際にシャロークランクを通すと30cmくらいのバスがチェイスしてきましたが、結局食わせることは出来ず。流しながらスロープまで下り、バスの居場所は分からないままPM1:00練習終了。

今日はボートポジションにばかり気を取られてしまったので、明日はキャストの数を多くしたいですね。

う~ん

21,22日に釣行を予定しているリザーバーを見に行ってきました。湖は先週末の暴風雨の影響が残り、下流域~中流までカフェオレ状態で、ダムサイト付近には大量の流木。。。上流の水も決して良いとは言えず、20日は雨の予報。

この雨が水温を上げてくれそうですが・・・キビしい釣行になりそうです。。

週末

ワタシは14・15日ともに所用が入り、釣りには行けなかったのですが、先日ご紹介したヒロは強風・極寒の琵琶湖へ。

その模様はコチラ http://wave.ap.teacup.com/hatenkou/

エリアやパターン、リグ等、詳しいことは書いていないので分かりませんが、ドラマ・・・起こしてます。。

きっかけ

今まで友人・知人には、このブログの存在を知らせず、ひっそりと更新してきました。

なぜかというと、「恥ずかしい」から(笑)

しかし、昨晩(3/12)久しぶりに親友と酒を飲み、その席で「ブログやってるよ」と伝えたら、携帯で即、検索(汗)

即、紹介(汗、汗)

http://wave.ap.teacup.com/hatenkou/「スクラッパー青鬼の破天荒日記」

この青鬼ヒロが、ワタシをバス釣りの世界に引きずり込み、クランク狂にさせた男です。

2人での釣行は、釣りに行っているのか、笑いを取りにいっているのか・・・正に珍道中。。。話題には事欠かないので、また改めてご紹介できると思います。

釣行日 3月8日

野池に行ってきました。

釣行時の天候は曇り後晴れ。南東の風3m

AM9:30 先週釣れた山間部の池へ。水位は満水、白濁り(若干回復気味)水温は12℃

先週同様ディープクランクで流し始め、立ち木群ではクランクをあれこれ試すも反応ナシ。シャローへ移り、冠水ブッシュを色々な角度から探ってもノー感じ。先週のバンクへ。

しつこく狙いましたが、2週続けてオイシイ思いが出来るほど甘くは無く、ノーバイト。。。この池から少し下ったところにある池へ移動。

この池の水位も満水、透明度は50cmくらい、水温 12℃

冠水ブッシュの際を丁寧に撃ちながら進み、インレット周りのシャローカバーを手当たり次第に探り反応ナシ。

少し深いところにクランクを通しながら対岸へ移動。倒木のエリアへ。ここではシャロークランクを倒木に当て、リアクションバイトを期待しましたがバスからの返事は無く・・・天候が回復し、日が出てきてしまった為オーバーハングのシェード狙いに変更。しかし、ここもバスはお留守のようで。。山を降りることにしました。

全く何も見えないまま、昨年、減水した時に岸際の地形を確認できた小規模な池へ移動。

水位は満水、ササ濁り。水温 12℃

クランクをローテーションしながらオーバーハングのシェードにあるカバーを探った後、急深なバンクへ。このバンクの満水時の水深は3m弱でしょうか。

ボトムの少し上を通すイメージでビーツァM7、色は濁りに強い、なべさん愛用のブラッディーを迷わず選択。(注:ワタシは、なべさんの大ファンなので影響を受けマクってます)

「何かに当てないと難しいかな~」と思いながら、ノー感じなキャストを数投・・・すると、控えめなバイト。。

20090308124808ワタシはバンク沿いに投げて巻くだけ。ルアーに釣らせてもらったバスです(汗)

この後、シャロー、対岸の立ち木・倒木エリア、ワンドではノーバイト。

再びこのバンクに入り直しましたが反応は得られず、池から上がりました。

 

準備

明日の予報は曇り後雨。最高気温が10℃、最低気温は5℃

風は東の風が3mほど。。。

寒そうですが野池に行くつもりでいます。まだ、どの池に行くか、持って行くクランクも決めてませんが・・・

釣行日 3月1日

先週切れてしまったフィンストラップを新調し、野池へ行ってきました。

釣行時の天候は雨後晴れ。北東の風 3m

AM8:00 平野部の浅い池に到着。水はクリアだったのですが、水温は8℃ この池は諦め、山間部の池へ。

AM9:00 目的地に到着。水位は満水、白濁りしていたのですが、水温は10℃ 

この池の最近1ヶ月の水温は安定(10℃~12℃)していたため、入ることにしました。

護岸沿いからシャローまではディープクランク(ラトルモデル)で流し、ノーバイト。シャローでは冠水ブッシュをタイトに探り、無反応。

対岸に移動し、オーバーハングした木の根元にスモールクランクを通すとチェイス!距離が足りず、残念ながら食わすことは出来ませんでしたが、折れそうな心を救ってくれました。。。

急深なバンクに移り、倒木と岸の間にビーツァM7をキャストし、沈んでいる木を2本越えたところで ドン と、まるでハイシーズンのようなバイト!

20090301094815 濁りのおかげでフッキングも確認できず、とにかく慎重にやり取り。上がってきたのはグッドプロポーションの40UP!・・・糸鳴りが凄かったです。

このサカナで満足したのか集中力が切れ、寒くて池に入っていられなくなったので一旦上がり、R池へ移動することに。。

R池の水位は満水、水質はクリア。水温 10℃

先週あまり撃てなかった立ち木から流し、シャローまで何も起こらず。

ブレイクも反応してくれるサカナは居らず、対岸へ。

バンク、立ち木、沖のボトム付近もノー感じ。この池ではサカナの反応は得られませんでした。。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »