« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

釣行日 5月24日 ボロボロ②

クラブのトーナメントに参加してきました。

天候は曇り後豪雨、後晴れ。風はあまり吹きませんでした。

湖の水位は満水、水はキツめの濁り。スロープ前の水温は18℃

6:45 スタート。練習で下流はダメだったこともあり、今回はバンクにシャロークランクを通しながら中流の西側にあるワンドへ向かい、上っていくプラン。

ワンドの最奥は先行者がいたので、岬周りを探っていると対岸で派手にフィーディングしているバスを発見。いくつかスモールクランクを通したものの、ワタシが投げたルアーにはバイトしてくれませんでした。

ワンドを後にし、立ち木群やウィードを流しながら上流へ。魚影が濃い事を期待して入ったバックウォーターでしたが、全く反応は得られず、岩盤に沿って下っていきました。所々でボイルはあったのですが振られ続け、途中、水中島、4日の釣行でハラダが釣った小さいワンドに寄り道。しかし、ここもハズし・・・

最悪のノーバイト、ノーフィッシュで帰着となりました。。。

下手すぎる自分にガッカリしてます。。

明日の主役?

20090523160219 明日の準備中。。予報は曇り、風もあまり吹かないようです。

先週の練習では何も掴んでいないので湖に出てみないと分かりませんが・・・デカいクランクベイトをゆっくり通した後、この子達でフォローしましょうか?と、考えています。

何とかゼロ申告だけは避けたいのですが、とっても不安です。。。

大切な道具なので。

20090519222807 ロッドケースのスポンジがくたびれてきたので張り替えました。

しつこく残った接着剤は市販されているパーツクリーナーで溶かし、スポンジは自動車のワックス掛け用のモノを両面テープで貼っただけですけど。。

不器用なワタシにぴったりの作業でした。

釣行日 5月17日 ボロボロ・・・

来週行われる大会の練習に、リザーバーへ。。

釣行時の天候は雨。南西の風 5m。 水位は満水でササ濁り。透明度は30cmくらいでしょうか。水温 18℃

ボートの準備を終え、湖に出たのは9:00頃。風が強く、上流に向かうと戻ってくるのがキツそうだったので、今回は徹底して下流域を流すことにしました。

まず向かったのはスロープの対岸にあるワンド。岬周りからインレットまでシャロークランク達で流し、反応ナシ。少しレンジを下げて折り返し、色、音でアピールを強くしても変化は無く。。

ワンドを出て、島を一周することに。シャロー~ミドルレンジを通しながら進み、秘かに期待していたブレイク、バンクとも不発。対岸へ向かい、岩盤沿いを撃ちながら下りました。

結局、バイトも何も得られないままダムサイトまで辿り着き、対岸へ。バンク、岩盤、立ち木のエリアをシャロークランクで流して反応は無く・・・スロープへ戻りました。

前日まで、低気圧でバスが浮き気味なら何とかなるかな、と考えていたんですが・・・甘かったです。

止みそうにないので

雨の中、明日の準備をしてます。

ちょっと陸っぱり

仕事後、近所の野池へ行って来ました。風が強く、フローターは無理と判断し、陸っぱりです。

水位は満水、透明度は50cmくらい。

池の東側にゴミ溜まりが出来ていたので、その際にサブワートを通すと、ルアーの後方がモワッと盛り上がったのですが、バイトには至らず。少しだけレンジを下げてみましたが、この後は反応してくれませんでした。

しばらくすると、手前の冠水したブッシュ際でボイルがあり、バジンクランクで直撃してみましたが・・・沈黙。

その後もゴミ溜まりと冠水ブッシュに狙いを絞って攻めてみましたが一つもバイトは得られず、日没、終了となりました。。。

トップに固執していた訳ではないのですが、少しでも反応があったのなら、水面・水面直下系のクランクベイトで釣りたかったですねぇ。

準備は楽しい?

17日にリザーバーへ練習に行く予定なのですが、一昨日にラインやフックの交換をした為かテンションが上がってしまい、妄想しながらクランクを選んでいます。

妄想が楽しいのか、クランクベイトに触れている時間が楽しいのか、どちらにしても周りからは「危ない」と思われているんでしょうね。。。

のんびりしてます

20090510114737_2 今日は釣りに行かない休日。。。ラインやフックを変えたりして、のんびり過ごしたいと思います。

釣行日 5月4日

ヒロ達が中心となって行われるヤナガトーナメントに参加する予定でしたが、高速道路の渋滞情報に恐れを成し、琵琶湖行きは取り止めました。

木村さん、ヒロ、申し訳ないです。

琵琶湖には行けなかったのですが、ハラダと地元リザーバーへ練習に行ってきました。

釣行時の天候は曇り後晴れ。水位は1m程の減水、ササ濁り。水温 18℃

AM6:30に出船。まず、先日の大会で唯一バイトのあった下流の岬に入り、流しながら上流へ向かいました。ワタシはバックシートで「お気楽フィッシング」のつもりだったのですが、最上流までノーバイトはさすがに辛かったです。。

上流から下りながら、レイダウンの少し沖にビーツァM5を通すと・・・

20090504111824

今日初めてのバイトはニゴイでした。

この後、岩盤沿いを流しながら進みましたが、(二人とも)ノー感じな時間が続きました。

そして、中流域の小ワンドに入り、立ち木の向こうへキャストしたハラダがフッキング!

20090504122635_2 ようやくバスの顔を拝めましたが、この後は延々ノー感じ。。。結局、最下流のワンドまで流し切りました。

ワンドではハラダがゴミ溜りを撃っていたので、ワタシは沖にポツンと立っていた杭に、すがる思いでM5をキャスト。

20090504142240 何かに当てた訳ではなく、中層スローリトリーブでバイトに持ち込めました。

しかし、1尾捕れたといっても試合時間外なので、もし今日が大会当日だったらゼロ申告でしたね。。

もっともっと練習が必要です。

釣行日 5月1日

釣行時の天候は晴れ。風は殆んどありませんでした。

幾つか池を周ってみましたが、先行者が多く、やっと見つけた小規模な池に到着したのはAM11:00 水位は満水、茶色の濁り。水温 20℃

冠水したブッシュの際を撃ちながら進み、シャローへ。途中、ソニーBに15cm~20cmのバスのチェイスが一度。。インレット周辺のゴミ溜りではゼットンにバイトがあったのですが、ジャンプされてバラし。。。

気を取り直して、対岸のブレイクに入ったものの濁りがキツいと感じ、スモーキンシャッドでアプローチ。

20090501113819

 沈んでいる倒木の枝に当てて、止めた時に食ってきました。

この後も探ってみましたが、ブレイクで捕れたのは、この1尾のみ。立ち木群でもバイトは得られず、山間部の池に移動。

水位は満水で白濁り。水温は20℃

ここでは、最奥にあるシャローのゴミ溜りでバルサB1とゼットンにバイトが頻発したのですが、一つもノせることが出来ず。。。体が冷えてきた為、隣の池に移動。

こちらも満水、白濁り。水温 20℃

先の池と条件はあまり変わらなかったのですが、倒木、オーバーハング、シャロー等を探ってノーバイト。万策尽きて池から上がりました。 が、せめてもう1枚、バスの写真を撮りたいと思い、K池に寄り道してみました。

K池の水位は満水、透明度は1mくらい、水温 18℃

今日周った池の中では一番水の状態が良く、期待したのですが、そう上手く事が運ぶはずも無く、K池でもノーバイトを食らってしまいました。

もっと丁寧に探るべきだったと反省中・・・です。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »