« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

釣行日7月26日

25日の夜、ハラダから電話があり、急遽、いつものリザーバーへ行くことに。
AM7:30 湖に到着し、辺りを見渡すと、見事に全域ど茶濁り。。クランクをローテーションしながら上流へ向かって流し、中流域の冠水ブッシュ際でアベレージサイズがヒット。

20090726083920
その後も強い泳ぎのクランクを投げ続け、バイトは無く。。。上流に到着。
普段は上陸出来る瀬が完全に水没、シャローを形成し、流れもかなり速い!
それでもベイトの数は多かったので、一応、ルアーを通すとM5Rが連れてきてくれたのは50UP!

20090726105611
出ればデカいと思っていましたが、出来過ぎですね。
この後は下流まで全く反応は無かったのですが、結果としては満足の出来る釣果でした。

下流のインレットで

ゴミ溜まりで

また40UP

また

カバーで

ブレクラで

50UP

40UP

ロデオRで

ハラダに

アベレージサイズ。

釣行日 7月19日

クラブの大会でリザーバーへ。

先週は中流の水が悪く、下流でサカナに触っていたので、スタート直後に下流の岩盤と立ち木のエリアへ。

狙い通りボイルが頻発し、

20090719055831 開始早々にアベレージサイズをキャッチ。

同じ場所でクランクをローテーションして粘りましたが、捕れたのはこの1本のみ。。。岩盤沿いをダムサイトに向かって流していきました。

すると先程の場所で再びフィーディングが始まり、Uターン。しかし、ボートが近付くとボイルは治まってしまい、クランクにも反応してくれない。。

ここは諦めて、最下流のオイルフェンスやゴミ溜まりを狙うことに。

「必ずサカナが着いているハズ」と考えていたエリアだったのですが、バイトは無し。距離をとっても反応は得られず。

対岸の岩盤では、2M~4Mレンジを引き倒してノーバイト。

カバーを撃ちながら、中流域に近いインレットに移動。

立ち木、シャロー、橋脚でスモールクランクにチェイスはあったものの食わせられず、移動することに。

移動といっても、この日の中流域の水は先週同様濁りが酷く、折り返して下流を流し切ることを選択。

が、これが裏目に出てしまい、中流に向かった他の参加者の方々はリミットメイク、ワタシはウェイトを伸ばせずに帰着。

大会参加者の中で只一人リミットを揃える事が出来ず、最下位で試合を終えました。

目標だった2本にも届かず、悔しい一戦でした。

少し時間下さい

19日の内容をアップしたいのですが、パソコンの調子が悪い為、記事が進んでいません。
もう少し時間を下さい。

残念

ハスでした。

1本入りました。

出発します。

指令

先日、ヒロと電話で話した際に「何でお前はいつも1本しか捕れないんだ!今度の試合はリミットメイクとは言わないが、せめて2本は捕って来いよ!!」との指令が下されました。

毎回ノーフィッシュと隣り合わせの釣果なのですが、今回の目標は「2本のバスを検量しましょ」に決定。

張り切って巻いてきます。

釣行日 7月12日

いつものリザーバーへ試合前の練習に出掛けてきました。

当日の天候は曇り後快晴。水位は50CMくらいの減水、湖全体に濁りが入っていました。準備を済ませ湖に出ると、下流には既に他のボートの方が居た為、ワタシは中流の立ち木群から練習開始。立ち木、橋脚、岬で反応は無く、バンク、岩盤などを流しながら上流へ。

上流域では多くのバスを見掛けましたが、殆んどのバスはポケ~っと浮いている状態でルアーには興味を示してくれず、退散。下流へ向かって流していきました。

が、風が吹き始めると中流域の水は赤茶色に濁り、ベイトも居らず、バイトは遠く。。。最下流までノーバイト。

オイルフェンス沖にあったゴミ溜まりの際でフィーディングしているバスを目撃し、

20090712122724 やっと1本入りました。

しかし、その後は続かず、下流域を流し切ってもバイトはこの1回だけ。

何も掴めないまま、この日の練習は終了しました。

最下流で

行って来ます。

明日こそ!

明日は試合前の練習に向かう予定です。
最近は練習ナシで大会に臨むことが多かったので、しっかり練習してみたいと思います。。

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »