« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

予定

次のクラブの大会が来月第2週。エントリーを済ませたので練習に出たいトコロですが、この週末は所用で釣行不可。そろそろクランクベイトでは届かないレンジに落ちると思われるバス達を相手に、練習ナシで大丈夫でしょうか・・・

そして、この試合の後(ワタシの場合)本格的なフローターシーズンに突入(笑)するのですが、今年は手首に不安があり、野池釣行は自粛して治療に専念するつもりです。

唯一と言って良いブログネタを失ってしまう為、ブログの方向としては、ワタシが偏愛するクランクベイト達を細々と紹介して行こうかと考えています。

参りました。

10月25日、クラブの大会に参加してきました。釣行時の天候は曇り。水位は約1mの減水、水は緑色。水温は・・・計り忘れました。

先日の練習では何も見えなかったのですが、今回は下流域でのノー感じな巻きの展開は避け、中流域よりも上の水域でシャローカバーをランガンするプランを立てました。その為に、小さなボートにバッテリーを2発積んでのスタート。(この時点で気負っている感がありますが。。。)

中流の岩盤+立ち木群からシャロークランクで流すと、岩盤に沿ってハスが追われていました。早速ハスカラーに変え、辺りを探りますが伝わってくる感触は枝・・・

そのまま進み、今度は倒木の隙間でボイル。コレにも無視され移動、上流へ。

しかし、9:00頃の上流域は、北風が吹き抜けて寒く、生命感はありませんでした。

岩盤や水中島をディープクランクで流しながら下り、途中の立ち木群、岬、ウィード帯ではシャロークランクを絡ませましたが、ノーバイト。インレットに寄り道した後、再び朝の岩盤へ向かいました。

日が差してきたこともあり、シェードと少し深めのレンジを意識して巻いてみましたが、岩盤を撃ち切って異常ナシ。

上流に移動すると、立ち木群の周りではベイトが浮き、フィーディングも見られましたが、クランクベイトにバイトは無く。。。シャローに絞ってクランクを投げ込みながら下り、帰着。

ゼロ申告となりました。

試合の後は、参加者全員でフィールドの清掃。空き缶や吸殻もありましたが、ラインやルアーのパッケージ、千切れたワームも捨てられていました。

釣り人が捨てたゴミがフィールドにあるのは残念です。

釣行日 10月18日 ノーバイトでした

リザーバーへ巻きに行ってきました。

釣行時の天候は快晴、北西の風が時折強く吹きました。湖の水位は1m位の減水。水は全域に渡って緑色。

出船後、東側のバンク(8:00 17℃)から上流に向かって流して行きました。ワタシは、このバンクでの実績は全く無いのですが、朝の誰も入っていない状態でサカナが寄っているのか知りたかったので入ってみました。

が、見事に撃沈。倒木、立ち木、ガレ場・・・何処にも反応してくれるバスは居ません。。。

水中島(9:00 18℃)に移り、ここでは徹底してディープクランキング。ハンプをゴリゴリ巻きましたが反応は無く、岩盤を探りながら上流へ。

上流域(10:30 20℃)も水の色、生命感の無さは変わらず・・・それでも、と淡い期待を抱きながらシャロークランクをレイダウンや岩陰に通しましたが、やっぱり無反応。2m~4mくらいのレンジを流しながら下り、チェイスも無く、スポットを絞り込めない。。

結局、最下流まで辿り着き、この時点で時刻は12:30 水温は22℃ ゴミ溜まりもオイルフェンス際も不発で、ある水路のシャローへ移動。途中、立ち木群に寄り道してみましたが、何も起こらず、シャローもNG

片付けの時間を考え、14:30に上がりました。

湖に出たなら釣らないと練習の意味が無いのですが(悲)

巻けました(負けました)

とりあえず練習は出来ました。詳細は後ほど。。。

準備完了

条件

注射のおかげで痛みは和らぎ、湖に浮いてみたくなってきました。

ただ、昨日の木村さんから頂いたコメント通り、このテのケガは「焦らず、じっくり」治さないと、いつまでも良くならないでしょう。。でも、25日がクラブの大会・・・

それで、試合に参加するため、自分に条件を付けてみました。

まず、ボートの準備。これが一人で出来ないようなら、どうにもなりませんね。。。そして、湖上に出たら5時間~6時間はディープクランクを含め、投げ続けられること。

この二つの事柄をクリアできるのか、18日に試してみようと思っています。

ちょっとマズい…

ナカナカ手首の痛みが引かないので、病院へ行ってみました。診察の結果は、三角じん帯損傷。。結構厄介らしく、完治させるには時間が掛かるみたいです。
手術をするのも一つの方法ですが、握力が落ちてしまうらしく、断念。今日から始めた、痛み止めの注射を定期的に打つ事が一番現実的な治療のようです。

少しだけ

手首の状態が芳しくなく(痛)ボートの準備は出来なかったので、仕方なく野池へ。

テーピングで手首を固定し、投げることは出来そうでしたが、巻くにはキツそうだったので、それ程負担の掛からないシャロークランクだけを持って出掛けました。(そこまでして行くなよ~、というツッコミはナシで(汗)

池に着いたのは11:30頃、最近の雨で水位は平常に戻っていましたが、水は灰色。水温 22℃

オーバーハング+バンクから流すと、バイトはあるのに、ノらない・・シャローへ移ると派手に捕食しているバスの姿をハケーンし、ウォブル+ロールするWスイッシャーで一撃。

20091004115131 オイオイ、デンプシーテールはクランクベイトじゃないだろ!というツッコミはナシの方向で。。。今後も当ブログの中ではクランクベイトとして活躍してもらいます(笑)

この後、シャロークランクたちに倒木や立ち木、ブッシュではショートバイトが続き、

20091004124246 ラトルが効いたのか、それともチャートが効いたのか、ゴミ溜まりの際でファットペッパーJrにガッツリ食ってくれました。

今回は痛み止めの薬は持って来なかったので、このサカナで手首がギブアップ。釣行終了となりました。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »