« ビーツァM7 | トップページ | 第一回呑んだくれ杯! »

ブレードクランクM5R

この子のことは西根さんのブログ(http://beatour.exblog.jp/)の、なべちゃんレポートをご覧になった方が参考になると思うのですが・・・

それでは手を抜きすぎてしまいますので、少しだけ触れてみます。
ワタシがM5Rを購入したきっかけは、NLWの渡辺さんの影響です。なべさんのようにこの子を使いこなせるとは、思いませんが(苦笑)

20091120165000 M5やM7とは違う、ファットなボディに大きめのリップ。自重は1/2ozあります。広く探るのはもちろん、距離をとらないと食ってこない状況で威力を発揮します。また、浮きゴミ程度のカバーであれば、その重さでカバーを打ち破り、リップにゴミが引っ掛かっても強いウォブルで振り払ってくれます。

少し気を使いますが、ゆっくり巻けばウィードに絡めながら探れて、速く巻けば千鳥ります。
ワタシは、濁りのキツい状況でM5Rの千鳥足を多用しますが、ナイロンラインで調子に乗って巻き続けるとラインが伸びてしまいますので、ご注意を。

« ビーツァM7 | トップページ | 第一回呑んだくれ杯! »

偏愛クランクベイト」カテゴリの記事

コメント

うちの?ブレードクラン子ちゃんをご愛顧頂きまことに厚く御礼申し上げます。
なんとか年内にこの子でクオリティーフィッシュを獲りたいなあと思い頑張っておるんですが最近不調でございまして。。。。
それにしてもボディーの深く削れたローリングマークや赤塗装の剥げた
フックがご愛用度合いを如実に示してくれております。
ありがとうございます。

なべさん、こちらこそ何時も細かいことまで教えて頂き、ありがとうございます。
時間が無いなかでの釣行でしょうが、年内のクオリティーフィッシュを是非キャッチしてください!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046214/32236387

この記事へのトラックバック一覧です: ブレードクランクM5R:

« ビーツァM7 | トップページ | 第一回呑んだくれ杯! »