« ビーツァM5 | トップページ | ブレードクランクM5R »

ビーツァM7

M7を購入以前はM5をニーリングしてレンジを調整していましたが、オートマチックにレンジを下げたいな、と感じて購入。

M5と同様、ウッドカバーに滅法強く、少し深いカバーやM5よりカバーにコンタクトさせたい時に活躍してくれる、ワタシのシャローカバークランキングには絶対に必要なクランクベイトです。

もちろん、カバーだけでなく、急深なバンクや岩盤に浮いているバスにも有効で、ワタシは投げて巻くだけ、という状況が何度もありました。

レンジの調整以外のM5との使い分けとしては、無防備なベイトを演出するM5に対して、ビビッて逃げるM7、といった感じでしょうか。。

20091115232529 現在、手持ちのM7はコレ1つだけなので、クリア~マッディまでこなしてもらっています。濁っている時ならダマせても、濁りが取れてきたり、深いトコロから追って来て距離が足らない時など、食いが浅い場面も見受けられました。そのため、フロントフックはバーブレスの6番、リアは速掛の6番に換えてショートバイトに備えていますが、ノーマルの時と変わらずサカナを連れて来てくれています。

フックの交換程度では、この子の泳ぎは変わらないんじゃないでしょうか。

« ビーツァM5 | トップページ | ブレードクランクM5R »

偏愛クランクベイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046214/32186813

この記事へのトラックバック一覧です: ビーツァM7:

« ビーツァM5 | トップページ | ブレードクランクM5R »