« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

‘09年 回顧

‘08年から自身の釣りを綴るつもりで始めたブログですが、今年を振り返ってみますと、このブログを通じて沢山の方々とお知り合いになれたことは大きな出来事でしたね。

NLWのなべさんからはコメント欄を通じてアドバイスを頂き、初バスをキャッチすることが出来ましたし、GRAYZのクランカー木村さんとはタックルやクランクベイトのことをお腹いっぱい話せました。

先日の野池釣行を共にした方は、このブログをご覧になってる方とお友達になったそうです。
お役に立てたようで、嬉しいですね。

また、毎日ブログを見に来てくれる皆さん、更新が遅くて申し訳ありません。

ワタシ自身の事では、やっぱり右手首のケガですかね。
丈夫な事だけが取り柄の体なんですが、ナカナカ厄介なモノを拾ってしまいました。
まだ力を入れると痛むので、来シーズンは不安を抱えながらのスタートになりそうです。

今年は仕事が増えたことで、釣行回数も減り、釣果にしても不満が残りました。
ただ、夏のリザーバー上流で、ブレードクランクが50UPを連れて来てくれたのには興奮しました。
興奮したといえば、ヒロとの賑やかな琵琶湖釣行。
ヒロの選んだエリア、リグが全てハマっていましたね。しかもキャッチしたサカナは皆コンディションの良いサカナばかり!良いモノを見せてもらいました。

来年も質、量共に渋いリザーバーが舞台である、クラブの大会が主な釣行になりそうですので、月に1回~2回の釣行回数になるでしょう。

ブログの方向としては、クランクベイトの写真とワタシの独り言が増えそうですが、皆さん、来年もよろしくお願いします。

投げて、負け・・・

行ってきましたよ~

仲間内での「呑んだくれ杯」

20091227040014 今回、用意したのはこの子達。

ロッドはレジェンドVIPの6ft。

日が登るまではサーフェスクランクに期待しましたが、全く反応ナシ。
レンジを少しずつ下げながら、丁寧に探りましたが、ワタシだけ全く釣れず(汗)

ようやく、クラッチSRにバイトがあったものの、ピックアップ寸前でバラし。

その後、ディプシードゥ1を遠投して、やっと1匹(写真撮り忘れました)

ショートキャストで自身の真正面にクラッチDRを入れて、止めて、2匹目(同上)

20091227084145 同様に、ダンクで3匹目。

20091227100208 ショットで広く探って、4匹目。

そしてタイムアップ。。

結果、今回の釣果は4匹。

数は釣れませんでしたが、仲間達との釣行はとにかく楽しかった、です。

釣りの後は皆で「呑んだくれ杯」の名に恥じない呑みっぷりを展開しましたよ。。。

CBー250

20091221205919 ジャラジャラのラトルが賑やかなこの子、濁っているエリアはもちろん、クリアな場所でも、シャロークランクに全く反応が無い時や釣れるサイズが小さい時、この子をブレイクや岬の先端に通すとコンディションの良いバスを連れて来てくれました。

フックにゴミが絡んだり、リップが何かを拾うと途端に泳がなくなってしまうので、ボトムを叩くよりは中層をただ巻きしています。

春先に活躍してくれることが多いんですが、冬もサカナを捕れる子ですよ。

コンバットクランクMR

20091218195007 カツカツ鳴るこの子達ですが、1本の杭から大小複数のバスを入れ食いさせたことが何度もある、思い出深いクランクベイトです。

杭の脇を通しただけなので、この子達の泳ぎが魅力的だったのか、音が効いたのか、それとも色だったのか、何がバスを惹きつけたのか分かりませんが、それぞれが偶然ハマったんでしょうね。

音がもたらす効果は様々でしょうけど、色々なラトル音を使い分けられるようになれば、この子達をもっと上手に使えると思うのですが・・・

音を使いこなすのは難しいです。。

マッドペッパーJr(サスペンド)

クリアな水域では、ラトル音がプレッシャーになってしまう時があると思いますが、この子はそんな事はお構い無しにサカナを連れて来てくれました。

20091213144146 ワタシが所有している子達は全てサスペンド仕様の為、フックを小さいモノに換え、根掛り対策+スローフローティングになるようにして使用。
それでも複雑なカバーに強い印象ではないので、杭や倒木などに単発で当てて、リアクションバイトを狙って巻いています。

中層をただ巻きして釣れる時は、迷い無くガツッと食ってくれることが多いんですが、単発でも何かに当てた方が、より多くバイトをとれましたね。

また、とにかく飛ぶので、だらだら続くプアなバンクなど居場所を絞り込みにくいようなトコロで広く、早く、探れるクランクベイトだと捉えています。

ブリッツMR

20091210221833 障害物の回避能力が高いので、ウッドカバーやゴロタエリアでのシャローカバークランキングで良く使っていますが、カバーにコンタクトさせなくても、並木さんが「ちょうど良い」と表現するウォブリングが効いているのか、中層ただ巻きでサカナを連れて来てくれることが多い子です。

なので、シャローに限らず、バンクや垂直岩盤などでも場所を選ばず投げています。

アバウトに投げても(というかミスキャスト・・・)バスが勝手にこの子を見つけてバイトしてくれる、集中力を欠いていたり、1本が欲しい時のような追い込まれた状況では大変頼りになる存在です。

バンガード

先日、クラブのNさんと偶然会った時に「増田さんのお店ならATくんの欲しいモノがあるかもよ」と言われ、行ってきました。

20091206114851  バンガード(http://www.bamguard.com/

初めてお邪魔しましたが、増田さんはとても感じの良い方でした。

今日は手に入れたい子達を決めてから、お店に向かったハズなのに他の子達も欲しくなってしまい。。

特に、私の好きなアメリカから海を渡ってきた子達は、他の店よりも少し安いような気がしました。

20091206130836_2 購買欲をこらえ、今日のワタシのお目当ては・・・THTのウィグラー×2とDDゼットン。

手に入らないと諦めていた子達に、やっと会うことが出来て大満足!

今回は慌ただしい買い物でしたが、改めてお邪魔したいお店です。

増田さん、ありがとうございました!また伺いますね。

ブリッツ

20091204225633 紹介無用の秀才クランクベイトですが、ワタシがこの子でシャロークランキングすると、釣れるのは釣れる。でも、連れて来るのは子バスばかり。。(外見だけ真似ても、使いドコロやタイミングを理解していない証拠ですな。。。)

自分の腕を棚に上げ、ワタシの中では一時期「子バスハンター」の異名を付けられていた可哀想な子です。。。

そんなこともあって、シャローカバーは他の子達が担当していました。

ワタシが、この子を生かすことが出来たのは、ウィードの広がるエリア。
琵琶湖ほどではないですが、かなりの量のウィードでも前傾姿勢で泳ぐブリッツなら、ほぼ引っ掛からずにウィードの中を探れます。

ブレードクランクM5Rをウィードに通した後、もう少しウィードに絡めたい時やフォローベイトとして活躍してくれています。

スゴイクランクロデオ・ロデオR(YABAIBRAND)

ゆっくり巻いても、速く巻いても、真っ直ぐ泳ぐことがクランクベイトの基本性能だとは思いますが、この子はこれらをあえて無視した、真っ直ぐ泳がないクランクベイト。ですので、その個性を生かすため、この子にトゥルーチューンを施したことはないです。
真っ直ぐ泳がないので、どのくらいのレンジをトレースしているのかも分かりません。。

野池やリザーバーで投げてはいたのですが、なかなかハマる状況がなく、使いドコロが掴めませんでした。

20091201212422 が、台風通過後の濁りのキツいリザーバーで、バスがバイトを一度二度、ミスっても、しつこく追いかけて食って来たことが度々あり、それ以来、濁ったらこの子!となりましたねぇ。
濁りを嫌い、カバーにぴったり着いたバスを誘い出してくれます。

だからといって、濁ってなければハマらない、という訳でもなく、クリアな水域でもウィードが生い茂っているエリアでバイトが頻発したこともありました。

また、これからの季節でもレンジが合えば、以前なべさんからアドバイスを頂いた「大きいウォブルで無理やりバスに口を使わせる」ことが出来るクランクベイトの一つかもしれませんね。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »