« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

Deep-X200

20100317204457 製品情報では、4Mくらい潜るディープクランクの部類に入る子なんでしょうが、ワタシはシャローでこの子を使っています。

ウィードなどに絡めたり、倒木に単発で当てるよりも護岸やゴロタにガリガリ当てて使う事が多く、その方がより多くのバイトを取れると感じています。

ワタシがリザーバー等の中層で、この子を生かしきれてないんだと思うのですが、毎回ハードなボトムにガツガツ当てちゃうんですよね。

ショ・・・

クラブの大会に参加してきましたよ~

天候は快晴、スロープ沖の水温は10℃
水位は平常に戻り、湖全域が白濁り。

20100314062633 日が昇るまではシャローを意識して、先発はこんなカンジ。なべさんに教えて頂いたブレクラフェザー仕様も用意してみました。

スタート後、先週ゴミだらけで入れなかった下流の岩盤に。
ところが、風が吹き始めて釣りにならず、早々に移動。島を周って水路へ。密かに期待して入った場所でしたが、コチラも風が吹き抜けて濁りもヒドい。ここは軽く流し、風裏になる中流域のワンドへ向かいました。

各ワンドとも釣りはしやすかったのですが、入ってきている水は冷たく、静まり返っていまいた。
その後、水中島周りのウィードをディープクランクでほぐしたり、切ったりしましたが音沙汰ナシ。

上流域の岩盤、シャロー、立木も同様で反応が全く無い。

上流を諦め、中流を流しながら下流にあるワンドへ。

ここも芳しく無く、岩盤、水路に入り直したんですが、時間になり今回もゼロ申告(涙)

勝った方は1200g/1本、という状況でした。

サカナの写真はもう少し待って下さい(汗)

今季初釣行

7日、ハラダとリザーバーに出てきました。

水位は満水、全域カバーだらけで白濁り。中流域の水温は12℃くらい

ハラダはスピナーベイトでカバー際を流し、要所ではストレートワームのテキサス、バックシートのワタシはハラダのスピナーベイトよりも少し深めのレンジをイメージしてクランキング。で、流していったのですが、何も起こらず。。。

20100307090538 数時間後、ヘビーカバーでようやくハラダのテキサスにバイト。

一方、ワタシは中流域のシャローで小さなバイトをとったのですが、ジャンプされてバラシ。。

その後、2人にサカナの感触が伝わること無く、心も体も冷え切ってこの日の釣行は終了。

とにかく寒い1日でした。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »