« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

お戯れ・・・

29日、午前中に仕事が片付いたので、夕マヅメを狙って野池に浮いてきました。

現場に着くと、タイミングが良かったのか、誰も居ません。(こりゃあ今日はイージーだな)と思いながら早速準備。

池は満水で、やや白濁り。

20100529170227 クランクベイト達をローテーションしながら流し、オーバーハングした木の根元にコンバットクランクMRを入れて極小の1本目。

20100529171304 冠水したブッシュで反応は無く、ブリッツで同じブッシュを狙って小さい2本目。

20100529172125 池の最奥に広がるシャローのゴミ溜まりにヴァベルを通して同サイズ。

20100529174736 少し移動して、土管からの流れ込みでダイブデッパーに。。。

20100529175223 倒木の影から追いかけて来たのも・・・


クランクベイトが入るカバーは撃ち尽くした感じだったので、サイズアップは諦めました。

池を独り占めして、この結果です(涙)

雨なので

20100523060303報通り雨だったので、リザーバーに出て来ました。

水位は1mくらいの減水、スロープ前の水温は20℃

風が心配でしたが、朝はほぼ無風。

先行していた方が上流へ向かったため、ワタシは中流域へ。

立ち木、シャロー、インレットでサーフェスクランクでアピールし、フォローにシャロークランクを通しましたが、誰も相手にしてくれず。

移動しようと思った先には、既に他の方が入っていたので、一旦下流へ下ることにしました。

下流域は濁りがキツかったこともあり、色でアピール。

しかし、反応は無く。。

レンジを下げて探ろうと、岩盤の沖にある立ち木へビーツァM5を通すと、バイト!が、ジャンプされてサヨ~ナラ。。

結局、下流域では1バイトのみ。

20100523084726上流を目指しつつ、中流域を流して、今度は岸寄りの立ち木でRC1.5に小さな違和感。

慎重に寄せてみると掛かりが浅い!

「リアフック1本しか掛かってないけど、もう外せない」と、必死でした(笑)

この後、流しながら上流へ向かいましたが、濁りは消えず、ベイトは居らず。。。

折り返して、中流域へ向かったのですが、風がまともにあたり、釣りにならなかったので、とりあえずワンドへ避難。

投げながら風が収まるのを待ちましたが、ノーバイト。ゆっくり下り、釣行終了としました。

ローライトコンディションなら何とかなるかなぁと淡い期待を抱いていたのですが、甘くなかったですね。

収穫は両手首があまり痛まなかったことでしょうか・・・

傷心

所用の合間に陸っぱりへ行って来ました。

池に着くと先行者は二人。話しを聞いてみると、数は釣れるけれども小さいらしい・・・

とりあえず、ワタシは時折ボイルのあった岬の張り出しに陣取り、サーフェスクランクから探りを入れると、追っては来るもののバイトには至らず。

レンジを徐々に下げながら投げ続けましたが、アタリもカスリもしない。。。

やっぱりスローな展開なのかなぁと考え、ウィグルワートを葦際のブレイク辺りにゆっくり通すと、

20100509145144

スポーンとは関係無さそうなバスが口を使ってくれました。

投げられる範囲を一通り探ってみたのですが、結局釣れたのはこの1尾のみ。

どうやら、出会い頭で「釣れちゃった」みたいですが、サカナの写真が撮れてホッとしました。

この場所でしばらくクランク達をローテーションして粘ってみても反応は無く、先行の方が動いたので、インレット周辺へ移動。

しかし、良かれと思って入ったインレットでは何も起こらず、不発。

同じ場所から沖の立ち木へ、コンバットクランクMRを遠投し、枝?に当たった直後にバイト。

20100509153522

浮き気味の連中が居るかもしれないと思い、続けてノンラトルのシャロークランクを立ち木の手前に入れると、今までと明らかに違うアタリ!

しかし、慎重に寄せようとした矢先にスっぽ抜け・・・

フォローに入れたフラットサイドクランクにも食ってきましたが、これも外してしまい、膝から崩れ落ちました。。。

これで良い写真が撮れるなぁとか、余計なことを考えながらランディングした結果ですな・・・

ワタシの連休って(涙)

連休前に娘が産まれ、あたふたしていたら、ワタシは体調を崩してしまい・・・

遅れた事務仕事などを片付け終わったら、一度も竿を振ることなく、連休が終わっていました。。。

友人・知人から聞いた話ではコチラのフィールドも、どうやらスローでフォールな展開らしく、ワタシがフィールドに赴いたとしても結果は見えているような。。

今夜もクランクベイトたちで一杯やりますかね。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »