« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

的外れ

24日、クラブの大会に参加してきました。

釣行時の天候は曇り。湖の水位は1mくらいの減水、7:00頃のスロープ前の水温は18℃

スタート後、ワタシが向かったのは中流域の水路。程良い濁りが良い具合に入っていました。ここでシャロークランクを巻けば捕れると踏んでいたのですが、アテが外れてノーバイト。

湖の西岸をシャロークランク達で丁寧に流しながら上り、岬の先端や急深なバンクではディープクランクキング。

中流域ではシャロークランクをウィードに絡ませたり、外したり。

上流ではクランクベイトを追ってきた良型も居ましたが、寸前で見切られ、岩盤でもチェイスのみ。

下りながら立ち木群やワンドに点在するシャローカバーを狙い、再びウィードにコンタクト。

中流域のシャローフラットではフィーディングする連中も見られましたが、結局ノーバイトのまま時間切れ。

どうやら、サカナが居ないところを一生懸命に通していたようです。


アレックスリツモ(MR)

20101017074335 バルサ製の小型フラットサイドクランクですが、キャストフィールは良く、狙ったスポットへキッチリ投げ込めます。

また、この子はラインアイの下にスリットが入った、特徴的なリップを装着。

この小さな穴がリップの受ける水を逃がし、軽い引き心地と細かいバイブレーションを生み出しているようです。

その泳ぎは少々大人しい印象を受けますが、サカナを浮かせることは出来ると捉えているので、ワタシはあえて障害物にはコンタクトさせず、中層を早巻きで通しています。

特に立ち木や杭周りで効果があると感じています。

迷走

午後から野池で巻いてきました。

釣行時の天候は快晴。

池の水位は平常で、水の色は灰色でしたが、先週入った時よりも透明度は若干回復気味。

先日の反省を基に、スモールクランクを幾つか用意してみました。

が、いきなり小さい子達を投げるとギルの猛攻に遭ってしまい(汗)

レンジを下げて倒木にコンタクトさせると・・・

20101011151005

エリアが違うと判断して、インレット周辺のシャローへ移動。

冠水したブッシュや倒木、杭などへタイトにシャロークランクを通して反応ナシ。

対岸へ移り、同様にシャローカバーを流してノーバイト。

20101011153456 折り返して先程の倒木まで戻り、ショットを入れてみると微かな違和感が。

散々シャロークランク達を通した後でも食ってきました。

タイミングなのか、まだまだ攻め方が甘いのか、それとも、コレがショットの力なのでしょうか。

戻りながら流してみましたが、バンク沿いはギルと子バスが我先に食ってきてしまう状況。

20101011164958 岬状に張り出したブッシュの先端で骨クランクにバイトしてきたのも、この程度。

水は落ち着いているエリアが多く、もう少し何とかなると思ったんですがね。

寒かったです

三方を山に囲まれた、初めての池で巻いてきました。

釣行時の天候は晴れ、無風。

水位は満水、水は茶色の濁り。護岸沿いは泡がなかなか消えない状態。

20101003060324 西側のオーバーハングからブリッツマックスで探り、ブレイクで1尾。

そのままシャローカバーを流し続けましたが、最奥のインレットまでノーバイト。

インレット、その奥に広がるシャローも反応は芳しくなく、折り返して対岸を探りましたが、誰も相手にしてくれず。。

比較的、水の良かった池の中央辺りにあるワンドへ移り、CBー200を遠投。

沈んだ倒木?に当てて、浮かせて回避させた時にバイト!

しかし、掛かりが浅かったらしく、ジャンプされてバラシ。

フォローのショートテイルロングキャスト(Deep)にも食ってきたのですが、これも外してしまいました(泣)

気を取り直して、乱杭な立ち木にCBー200をゆっくり丁寧に通した結果が。20101003080805

張り出したバンクではCBー250に良いバイトがあったのですが、またバラシ(泣)

そして、この後は自身がプレッシャーになったのか、サッパリ。

日差しは暖かく感じたのですが、インレットからの水は冷たく、風も出てきたため、寒くなり。。

釣果も寒いまま、サイズアップは諦めて池から上がりました。

久しぶりにCB達が活躍出来そうだったのに、自身のミスで台無しにしてしまいました(泣)

妄想中

いつものリザーバーの様子が気になりますが、明日は刺激を求めて、入ったことの無い池に向かう予定です。

水深も普段の水色も分かりませんが、楽しみです。

どの子を連れて行こうか悩んでいますが、この時間が楽しかったりもします(笑)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »