« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

10年 回顧

10年のスタートは、昨年痛めた手首の状態が芳しくなく、加えて、釣行回数も少なかったため、残念ながら良いプロポーションのバスには出会えませんでしたね。

でも、今年も様々な方々とお知り合いになれました。

夏に55UPを連れて来てくれたB7のおかげで、クランカー木村さんを通じて、KTW塚本さんのブログに紹介され(驚) オマケにリンクまで。。。(汗

常々コメントを頂いているNLWの渡辺さんとは、ありがたいことにメールのやり取りをさせて頂き、毎回刺激的な内容!で、勉強になります。

また、毎日のようにこのブログを見に来てくださっている皆さんにも感謝!です。

1年間、ありがとうございました。

毎日何か発言しようとTwitterを始めてみましたが、如何でしょうかね?
情報量が少な過ぎますか?

今年は、小さいクランクベイト達を積極的に投入してみたのですが、まだまだチカラを引き出せていないと感じます。

あるメーカーさんから来年リリース予定の、発売が楽しみな子も控えていますので、この冬も小さい子達を投げて、出来るだけ自信をつけたいと思っています。

来年もスタイルの変更はありませんので(笑)皆さん、宜しくお願いします。

RPMクランク MID-4

Mid4 宮崎友輔さんがプロデュースしたRPM MID-4。前後共に4番のフックを装着した強気のセッティング。

ラトルモデルとノンラトル仕様が用意されていますが、ワタシは、特に意識して投げ分けていませんね。

強いて言うなら、浅場のウッドカバー周りでノンラトル、水深のある場所のカバーにはラトルモデルを投入するといった具合。

この子達の最大の特長は、かなり複雑なブッシュを通してもほとんど根掛から無いことですね。

これも大きなリップとそれを生かした泳ぎ、高い浮力の成せる技でしょうか。

他のアングラーがワームを入れるようなブッシュに通せるクランクベイト。

ブッシュの奥やレイダウンの下からサカナを引っ張り出しますよ。

20101211_2  12月11日朝、野池で巻いてきました。

風が吹き、寒くて、陸っぱりで済まそうかとも思いましたが、護岸沿いの水の状況はあまり良くなかったので、仕方なくフローターを準備。

池の水位は、50cmくらいの減水。水温は10℃

バンク沿いの中層を巻きながら池の奥へ。インレットからの水は冷たく、倒木やブッシュに潜んでいる様子ではなかったですね。

葦際もやっぱり無反応。

シャローを諦め、急深なバンクや池のど真ん中でボトムを探って、不発。

1時間程度入っていただけで、つま先が寒さで痛くなり、護岸沿いにディープクランクを通しながら戻って、釣行終了。

次回から防寒対策を考えないといけないようです。

ファットペッパー

Fat_pepper_2この子は晩秋から春にかけて、岬周りやブレイク、見た目はプアなバンクなどで活躍してもらっています。

3m辺りに沈んでいる「何か」を探す役割を担ってもらうことが多いです。

障害物を回避する能力もしっかり備えていますので、雨後の濁りが入った時や複雑な沈みモノの周りなどで、その大きさとラトルがバスにアピール。

ディープクランク特有の、浮き上がりに「ドスン」と乗っかるようなバイトが楽しみな子ですね。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »