« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

巡回

先日見つけた幾つかの池で巻いて来ました。

朝は雨が酷かったので、エントリーし易い池から入ってみましたが、カスリもせず。。

少々道に迷いながら次の池に。

地図を頼りに辿り着いた池は、小さすぎてパス。

急ぎ移動して、ようやく入れそうな池に到着。

水は若干濁っていましたが、普段の水の色も知らないので、構わず入水。

立ち木や倒木が目立つ、初めて入る池。

201105290548 サカナの状態も分からないので、ロデオドライブ タイプCを倒木の際や立ち木の枝に絡ませて進み、ワンドの沖にポツンと佇む立ち木で違和感。

モワッとしたバイトだったのですが、ベリーのフックをしっかり咥えていました。

暫くすると、風雨が酷くなり。。。一旦池から上がり、待機。

風が巻く状況が変わることはなく、残念ですが釣行終了としました。

初めてのフィールドは期待度が高いのですが、ハズすとサカナの居ない池で時間を費やしてしまうので、ある程度の情報収集が必要ですね。

不可

休日だったハズなのに、急遽お仕事が入ってしまい・・釣行時間は大幅に削られてしまいましたが、雨の中、野池でちょっとだけ巻いて来ました。

冠水したブッシュの際にサーフェスクランクを通しながら進み、最奥のインレット周りまでノーバイト。

探るレンジを下げながら戻りましたが、音沙汰ナシ。。

201105281347 沖の杭へ苦し紛れのベビーシャッドを通すと、ピックアップの際に飛び出して来ました。

が・・・載せてはいけないサイズですな。

的中

23日、クラブの大会に参加、巻いて来ました。

湖の水位は1mくらいの減水、スロープ前の水温は22℃

スタートの後、風が当たる島の岬周りを軽くチェックしてから、前日、捕食行動が見られた水路へ。

カバー際の水面に、サーフェスクランクをゆっくり通して誘ってみましたが、浮いても来ないし、じゃれてもくれない。。

タイニーな子を投入しても返事は無く、移動。

ゴミ溜まりの際や岩盤沿いで捕食する姿を見ましたが、相手にされず。

ハンプを狙ったディープクランク達も不発で上流域へ移動。

最上流を上りながら、カバー際へデンプシーテールをキャストしていると、カバーから出て来たグッドサイズが急接近!

ドキドキしながら巻いていると、テールにそっと触れただけで何処かへ行ってしまいました。

この日、唯一のサカナから得られた反応はコレだけ。

残念ながら、ゼロ申告です。

予感

21日、午後からリザーバーで巻いて来ました。

下流域はボートが少なかったので、プレッシャーを嫌ってワタシは下から。
しかし、巻けども巻けども、サカナの気配は感じられず、水路へ。

水路では、ブッシュの際や岩陰でボイルがあり、サカナが居るのは分かったのですが、ワタシのクランクベイトには触れてもらえず、移動。

バンク沿いにディープクランク達を通して上りましたが、バイトは無く、対岸を流しながらスロープへ戻り、釣行終了。

大会に向けての練習のつもりでしたが、練習には程遠く。。湖に浮かんだだけでした。

何だか、ワタシだけ大会でデコっちゃう雰囲気が漂っています(汗)

暴風

14日、水温16℃のリザーバーで巻いて来ました。

すれ違いでティさんが上がって行きましたが、暴風に加え、ショートバイトが多く、状況は芳しくない様子。

さぁ、どうしましょ

とは言っても、風が吹き抜けて簡単には上へ上がれそうに無く、風裏になる水路へ。

岬や立ち木群のミドルレンジを巻いてみましたが、ノー感じ。

ゴミ溜まりの際も橋脚もスタンプもウィードの上っ面も、あれこれ投げて、バイト無し。

試したいことがまだまだあったのですが、風は収まらず・・・仕方なく撤収することに。

201105141506 ワタシには太刀打ち出来なかったのですが、遅れて来たコイツはベイトフィネスとやらで1尾キャッチしてました。

仕事の帰りに野池へ寄り道して、巻いて来ました。

平日の夕マズメに生命感は無く、静かです。

岸辺に点在するブッシュの周りへ、シャロークランク達をショートキャストでゆっくり通して、バイト無し。

倒木の周りでも反応は無く、ハードなボトム、沖のハンプをゴリゴリしても不発。

流しながら戻り、対岸のシャローフラットへ移動。

ここで数投した頃に雨が降り出し、ベイトも浮き気味に↑

201105101635 タイニーNが底を叩き過ぎないよう、ショートキャスト+スローリトリーブを意識して巻いていると、元気の良い20cmがバイト(苦笑)

迷い無く食ってきたのか、アタリは生意気でしたけどね(笑)

後悔

8日、リザーバーで巻いて来ました。

湖の水位は平常、笹濁り。水温 16℃

所用で、釣行時間があまり取れなかったのに、痛恨の寝坊。

仕方なく、下流域の立ち木群、岩盤エリアのみをチェックすることに。

バンク沿いにシャロークランク達を通して進み、立ち木群へ。

沖の沈んだ立ち木のトップや枝にシャロークランク、ミドルランナー達を遠投して広く探ってみましたが、伝わってくるのはカバーの感触ばかり。。

岸に近付き、帯状になったゴミ溜まりの際やポケットにSSRなクランクベイト達を入れてみましたが、こちらも芳しくなく。。

再びシャローからミドルレンジを通して移動し、岩盤エリアへ。

岩盤の凸凹へタイトにクランクベイト達を入れてみましたが、反応は無く。。
風も吹き始めたため、戻ろうとすると、目の前で岩盤に沿ってベイトを追う連中が!

何とか振り向かせたかったのですが、あっさり振られてしまい(涙)

連中を諦め、戻りながら岩盤、バンク沿いにシャロークランク達を流してノーバイト。

立ち木群にもクランクベイトに興味を示してくれるサカナは居らず、時間切れ。

・・・今回の釣行、反省する材料が多いです。

3日、野池で巻いて来ました。

朝の水温は15℃ 水の透明度は1mくらいでしょうか。

時間があまり無いので、オーバーハングの日陰をフラットサイドクランク達でざっくり流して奥へ進み、葦のエリアへ。

しかし、葦際で反応は無く、倒木の周りを丁寧に巻いて、バイト無し。

岬状に張り出した、ブッシュの先端にミディアムダイバー達を通しても同様で。。

冠水したブッシュのバンクをシャロークランク達で流しながら、インレット周りへ移動。

シャロークランク達に反応は無く、少しレンジを下げようとブリッツMRをキャスト。

すると、ウィードにスタックしたようなバイト。

「とりあえず、サカナの写真は撮れそうだ」と、安心したのですが、寄せてみるとテール1本掛かりで大慌て(笑)

結局、唯一のバイトを外してしまい。。 そして、時間切れ。

時間が気になったのもありましたが、ちょっと雑でしたね。

空虚

雨の中、リザーバーで巻いて来ました。

湖に着き、朝の駐車場にMさんをハケーン。

準備中のMさんの邪魔をしつつ(笑)しばらく談笑。

Mさん、ごめんなさいでした。

今日のワタシは、ハラダの後ろでお気楽フィッシング。

全てを船頭に任せ、下流域からチェックすることに。

立ち木群、岩盤、シャローで反応は無く、ワンドへ。

ワンドでは、バンクに沿ってベイトを追うバスの姿も見られましたが、ワタシが投げるシャロークランク達には見向きもしない。。

201105010955 流しながら場所を移り、水路へ進入すると、前席のシャッドに可愛いサイズ。

ワタシは、見えるカバーにはシャロークランクを通し、ディープクランク達はブレイクラインに通したり、ウィードにスタックさせたり、外したり。

下流域から上流域まで、丁寧に巻いたつもりでしたが・・・バイト無し。

お気楽フィッシングのつもりが、どうやらサカナの居ないトコロを懸命に通していたようです(泣)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »