« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

春雷

風が強く吹き、予定を変更して野池で巻いて来ました。

13時、小規模な池に到着。

水の状況は比較的良かったので、葦際にシャロークランク達をしつこく通してみましたが、反応はナシ。

一通り流してもヒントは得られず、隣の池に移動。

風裏の浅いトコロを探ってみましたが、ここでも何も起こらず、再び移動。

ヘラ師の方々で賑わう池へ。

ウッドカバー周りやリップラップを丁寧に流しても効果は無く、いよいよ手詰まり。

体も冷えていたので、退散するコトに。。

したのですが、何かスッキリしなくて、ハイシーズンであればナマズやセイゴで賑わう、ある水路へ。

あわよくばサカナの顔を拝めるかも?と、淡い期待を抱いて立ち寄ってみました。

浅い、上流側のパラ葦の際や、薄っすらと見えるウィードの周りで、クランクベイト達に反応は無く。。

201203241642 ウィードの上っ面を通しながら下流側へ移り、流れの澱みにボージャックを通した時に、

ゴゴゴンと、バイト!

横に横に走るし、重かったので、鯉のスレかな?と思いながら、じっくり、ゆっくり寄せてみると、バイトの主は丸太のようなライさん。

狙ったサカナではありませんでしたが、少しだけ春を感じることが出来ました。

勘違い

201203221621 お仕事を早めに切り上げて、夕方の野池へ巻きに行ってみました。

池の水位は平常に戻りましたが、濁りが酷く、沈みモノは目視出来ない状況。

スクエアAで岬周りから沖の杭、ハンプ辺りを巻いて、反応ナシ。

浅場に移り、岸際のカバーから沖に広がる沈みモノをウィグルさんで探っていると、手元に違和感が!

聴いてみると、どうやら違和感の主は枯れたウィードの茎。。

アタリに飢えていて、些細な違和感をバイトと勘違いしてしまう、悲しい症状がでてしまったようです。

その後も、ウィードと枝の回収を繰り返し、今日の巻きを終えました。

暖かかった日の夕まずめに期待したんですが。。

グリースアップ

201203191937 今週末、出番が周って来そうな3台に油を注入。

スムーズな回転と巻き心地に期待です。

いつものリザーバーは水位の調整なのか、平常時よりも随分と減水しているそうで。。

シャローカバーは少ないのでしょうが、浅い場所をメインに据えて、少し深いトコロまでは巻きたいですね。

ハンドルを回しながら、どの子を何処で巻こうか妄想中です。

回復

201203281001_2 3月上旬から発熱・頭痛に加え、咳も止まらない日々が2週間程続き、体調が良いとは言えない状況だったのですが、ここに来てようやく落ち着いてきました。

友人、知人のブログを暫く振りにチェックしてみると、皆さんしっかり釣っている様子。。

完全に出遅れ、取り残されたカタチのワタシですが、自身のリハビリのつもりで巻きに出掛けてみました。

先行のヘラ師の方々を避けて、ハードボトムな浅い場所をつらつらと巻いてみましたが、反応は無く。。

沖の沈みモノや杭、枯れた藻の周りを通してみても、全く反応は得られませんでした。

暖かい南風に加え、小雨もパラつき、状況は上向くかと期待しましたが、短時間で劇的に変わるほどでは無く、大事を取ってフィールドを後にしました。

短時間でも、巻いてリフレッシュ出来たので、準備やメンテナンスにも前向きに取り掛かれそうです。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »