« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

池巻き

野池で巻いて来ました。

のんびり準備して、最初の池に着いたのは10:00頃。。

約1時間巻いて、完全試合。

201204301118 近場の池へ移動。

冠水したブッシュや倒木の先端にブレードクランクを通して奥へ進み、ブッシュの際で1尾。

この後、同じスポットで2尾獲ったものの、コンディションの良いサカナとは出会えず、また移動。

そして、再び完全試合。。

どうしたものかと思案し、大きくエリアを変えることに。

時間を掛けて移動した先は、初めて入る池。


201204301512 倒木と葦の広がるエリアを目指して進み、倒木の左側にサンダーシャッド306を通すと、重た~いバイト。

何度も強烈に突っ込まれましたが、丁寧にやり取りして何とかキャッチ。

やっと会えました(嬉)

201204301517 そのまま葦のエリアに移り、際を通して追加。

最奥にある立ち木でバイトを得たものの、ミス。

風が出てきたため上がることにしましたが、納得出来る巻きでした。

昼巻き

前日のお酒が残り、昼からの巻きでした。

が、湖に着いてビックリ。

減水していると聞いてはいましたが、水位はマイナス7m~8mくらい。

ここまでの減水を目にしたことは無く、主だったシャローカバーは当然陸の上。。

目ぼしいカバーを探しに、下流域へ向かいました。

ショボい立ち木群の沖に3mランナーを通した後、シャロークランクでタイトにアプローチ。

プアなバンクに沈んだ何かが無いか、ミドルレンジを探り、浅い場所ではシャロークランキン。

愚直に続けて、反応を得られたのは、最下流域のゴミ溜まり際を通したトリプルフルに1チェイスだけ。。

何しろカバーと呼べるモノが少ないので、普段ならざっくり流す程度のオイルフェンスも今日は丁寧に探ってみましたが、バスの反応は得られず、ワンドのマウス、岩盤の沖を流しながら島周り、中流域へ。

201204291401 ほとんど変化の無いバンクの沖にはミドルランナーを通し、ちょっとしたカバーを見つけては、シャロークランクを投げては巻くを繰り返し。。

ようやく、張り出した岩の際にスナブノーズM5を通して、1尾。

長かった~

その後、小規模な立ち木群や岬周りを同様に攻めてみましたが、ノーバイト。。

バッテリーの容量も無くなり、ゆっくりスロープへ戻りました。

減水した湖が手強いのか、それとも、ワタシが下手なだけなのか。。

朝巻き

先日デコった池で朝巻きしてきました。

水位は満水、クリア。

前回の反省を踏まえ、選択したクランクベイトは、浅いトコロを地味な色で自然にアピールしてくれる子達。

201204280547 ブッシュの周りから流し始め、オーバーハングした木の影でFDーフラミンゴに1尾。

同じカバーへアプローチした、2投目にバイトしてくれましたが、タイトに通さないと食ってくれないようでした。

このストレッチで他に反応は無く、冠水したブッシュの際を流しながら倒木のエリアへ。

期待していたエリアでしたが、バイトは得られず、更に奥へ、タイトにアプローチ。

201204280558 すると、FDーフラミンゴが倒木を交わした直後にバイト。

このエリアは、より多くのバスをストックしていると読んでいたのですが、結局この1尾だけ。。

インレット周りのシャローも不発で、対岸のバンクを流すと、水が茶色に変化。

音でアピールして少しばかり流しましたが、どうも違うようで。

対岸を諦め、もう一度倒木のエリアへ向かい、今度は沈んだ木へタイトにアプローチを試みましたが、答えはNG。

フィールドの状態を掴めないまま、上がることにしました。

もっと丁寧に巻いていたら結果は違っていたんでしょうかね。。

浮き

20120421 ある方に、フィールドを案内してもらい、巻いて来ました。

前日の雨で増水していましたが、水質はクリア。

想定外です(苦笑)

手前のブッシュをシャロークランクで流しながら奥へ進み、レイダウンのエリアまで反応ナシ。

倒木、ゴミ溜まりの周りでも反応を得られず、バンクに沿ってインレットへ。

バイトを期待して入ったインレットでしたが、見事に裏切られ、1チェイスのみ。。。

対岸へ移り、ブッシュ周りを止めたり浮かしたりで丁寧に探りましたが、バイトは得られず、時間切れ。。

せっかく案内して頂いたのに、結果がコレで(涙)申し訳なかったです。

お土産

15日、クラブの大会で巻いて来ました。

水位は約2mの減水、6:30頃のスロープ前の水温は12℃

前日に降った雨の影響で、濁りが入っています。

スタートと同時にスロープ対岸の岬へ向かい、立ち木へシャロークランクをアプローチ。

丁寧に探ったつもりでしたが反応は無く、隣のカバーとインレット周りのシャロー、対岸の立ち木群には先行者が入っていたので、大人しく東側のバンクへ移動。

当初の予定よりも随分と早くバンクを流すことになったので、時間を掛けてゆっくり流すことに。

しかし、相変わらずシャロークランク達への反応は無く、スカルピン(10F)でレンジを変えて、変化を見つけては遠投、ただ巻き。

時折バンクの張り出しに当たってノー感じにならずに済みましたが、根掛りも多く、少し気を遣いながらの巻き。

201204150723 すると、岬と言うにはあまりにもショボい張り出しの沖で、もそっと。

こちらに走ってきた上に、ジャンプされて外れそうでしたが、早い時間帯で1尾キャッチ。

続けて同じバンク沿いにある、ちょっとしたワンドの沖でも、もそっとバイト。

しかし、取り込もうとネットを用意した際にラインが緩んだらしく、痛恨のバラシ(涙)

間を空けずにバイトを取れたため、チャンスはあると捉えてバンクを流し続けましたが、上流域までノーバイト。

上流域ではディープリトルNを追っては来ましたが食わせられず、西岸を流しながら下りました。

が、何を投げても返事は無く、「時合いは10時以降」との目論みも見事に外れ、帰着時間を迎えました。

久~しぶりに検量出来たのはもちろん嬉しかったんですが、イエローさんから頂いたDD22(サイレント)にはテンション上がりました!

これから活躍してもらいますね!

寒風負け

8日、リザーバーで巻いてきました。

先日の雨のおかげで水位は約3mの減水まで戻しましたが、プアなシャローカバーに変わりは無く。。

何かしら変化を見つけてはフラットサイドやシャロークランク達を投げて進み、水中島までノーバイト。

水中島の周りでは、ミドルレンジを通して反応を伺いましたが、音沙汰なし。

上流域まで船を進めましたが、風が吹き抜けて寒く、西岸を流しながら戻ることにしました。

復路はバンクのやや沖のミドルレンジを通して戻り、何も起こらず。。

風裏になるワンドに寄り道し、立ち木の周りやバンク沿いをしつこく通してみても、どうやらサカナはお留守のようで。。

次第に風が強くなり、寒さに耐えかねて巻き終わりました。

本日の収穫は、先週トラブったエレキが正常に作動したこと、ですかね。

残念

4月1日、リザーバーへ向かい、日の出とともに準備を始め、6:00には整いました。

スロープ前の水温(9℃)を計り、出船。

しましたが、ペダルが言うコトを聞かず(汗)

何とか着岸し、そのまま船を上げるコトに。。。

帰宅後、フットコンペダルを開けてみると、ワイヤーとペダルを繋ぐピンのワッシャーが外れて抜けてしまったようで。。

ピンを組み付けただけで動作の確認が出来、一安心。

スロープから遠い場所でトラブルに見舞われなくて良かったのですが、やっぱり巻きたかったですね。。


« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »