« ‘13 | トップページ | フラットフリッカー »

SD-85F

Sd85f この子は同じ太さのラインならビーツァM5よりも少し深いトコロを巻けるので、M5のフォローベイトとして投げていますが、その飛距離を生かして、カバーに乏しい場所では、ただ巻きで素早く広くサーチもしてもらっています。

春先はビーツァM7の活躍ばかりが目立ちますが、この子も春のインレットや岬周りのジャーク+ポーズで良い仕事をしてくれて、ローテーションの一角を担ってくれています。

夏の立ち木群やブッシュ周りでは、M5よりもちょっとだけカバーへコンタクトさせたいときが出番。

カバーに当てて、止めて。

ゆっくり浮かせてカバーを回避させて、じっくり誘っています。

バテ気味にサスペンドしている連中に効果アリですよ。。

« ‘13 | トップページ | フラットフリッカー »

偏愛クランクベイト」カテゴリの記事

コメント

こんなん見たら久々に使いたくなってきたわさ。
次回釣行サスペンドチューン君投げてみよ。

なべさ~ん、こんばんは!

冬場はもう少し小さい子の出番が多くなると考えていましたが、SDのサスペンドチューン君ですか!!

妄想ばかりが広がっています(笑)

このおっちゃん、サスペンドチューン好きな人やさかいにい。
好きなルアーで冬も釣りたーいってなると可能性を高める為に必然的にやっちゃうのよねん。
タックルバッグの中には各種サイズのスプリットリングや鉛シールが常にストックされとります。

凄い!!
周到な準備があってのサスペンドチューンですね

ワタシはせいぜい鉛のシールまでで、スプリットリングまで気が回りません(汗)

なべさんの懐の広さや引き出しの多さに毎度ため息が出ます。。

横から失礼いたします。
自分もウエイトシールとスプリットリング、フックなどは持ち歩くようにしています。

現場で、「あともうちょっと…」という部分を補うのに凄く便利です!
まあ自分の場合は実力が伴ってませんから、自己満足の範囲です。

ルアーと関係ないところで失礼しました。

scarecrowさんもシビアなセッティングをされているんですね

「あともうちょっと」の工夫をするか、しないかが結果に作用しそうです

ワタシは考えを改めないといけませんね(汗)

早速コメント頂き、ありがとうございます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046214/35682657

この記事へのトラックバック一覧です: SD-85F:

« ‘13 | トップページ | フラットフリッカー »