« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

寒敗

31日、大会で巻いて来ました。

湖上の天候は曇り後雨。

朝のスロープ前の水温は14℃

スタート後スロープ対岸のインレットへ向かい、立ち木群やベンドのインサイド、アウトサイドにそれぞれシャロークランクを通して、異常無し。

だらだら続くバンクをディープクランクで流して上流へ向かって進み、立ち木群では小魚を追うバスを見かけましたが、ワタシのクランキンでは水中島までバイトどころかチェイスも無く。。。

折り返して、バンク沿いに変化を見つけてアレコレ通しても状況を変えることは出来ず、再び、東岸、水中島周り、西岸のバンクを巻いて帰着。

「風が吹いたタイミングで口を使ってくれた」と、キャッチした方々から伺いましたが、その時ワタシは寒くて風裏に居りました・・・


ダメぢゃん。。。

クルージング

30日、ぽっかりと時間が空いたので、リザーバーで巻いて来ました。

風は肌寒く感じましたが、12:00過ぎのスロープ前の水温は20℃

水位は5mくらいの減水。


先行者の姿は下流域に殆ど無い様だったので、島周りからダムサイトへ向かってみました。

むき出しのなだらかなバンクにはシャロークランクを通して進み、岬周りではディープクランキン。


が、まるで手応えが無く。。


風が強くなったタイミングで風裏になるワンドへ入りました。

変化を見つけてはタイトにシャロークランク達を通して。。


異常ナシ。


ゴミ溜まりの際を同様に巻いても返事は無く。。


・・・ここで手詰まり。


岩盤+ゴミ溜まり、立ち木群をさらっと流してスロープへ戻りました。


サカナが居ないトコロを一生懸命に巻いていたようですが、懲りずに31日も湖に浮く予定です。

再雷

曇天の26日夕方、少し巻いてみました。

池の水位は22日と比べ減水が進み、濁りはそのまま。

風裏のバンク沿いにシャロークランク達を通して進み、池の中程まで反応ナシ。

ちょっとした岬や冠水したブッシュを丁寧に探っても芳しくなく、狙いを沖に変えてみましたが、根掛かり。。

少し深いトコロを巻いてもヒントを得られず、タイニーな子を投げながら戻ることに。。。

杭やヘラ台などを目標につらつら巻いていると、突然、ガツっとバイト!

迷いの無いストライクの相手は・・

201303261724

ライさんでした。

的中

21日になべさんから頂いた「他の魚もそろそろってことよねん」とのコメントに触発されて、22日の夕方、少しばかり巻いてきました。

池の状況は、減水、全面に濁り。

風があたる浅場の沖に佇む杭周りを通した後、ゴミ溜り+倒木にクラップシューターを絡めると、

20130322



ピックアップ寸前にストライク!


なべさんの感じた事がそのまま作用したようです。

南風

南風に誘われて、仕事帰りに巻いてみました。

やや減水した池に先行者は一人。

浅瀬には小魚が浮き、沖ではヘラブナが跳ねています。

手前のハードボトムなシャローから巻き始め、岬状のバンクや杭周りを丹念に巻いて、バイト無し。

ブレイク沿いをシャロークランク達で探りながら進み、池の真ん中辺りにあるハンプにはCB-50を投入。

巻き始めてスグに竿が絞り込まれたのですが、ロープに掛けてしまった時のような感触。。。

「やっちゃった~」

がっかりしながら外そうとしたら糸が横に走り、何かが暴れている。。


ゆっくり寄せてみると、



20130319

スレでした。。



ご覧のみなさん、ヘラブナくん、重ね重ねごめんなさいです。

寝坊

17日朝、巻いてきました。

しかし、準備不足な上に寝坊。。

いつもの浮ける池は諦めて陸っぱりに。

池の水位は平常、灰色の水。

先行者が撃ったであろうインレットから入り、シャローカバーにはこの子、沖の沈みモノにあの子を通して、バイト無し。

201303170657

池を半周したところで戻らなければならない時間が迫り、池を後にしました。

途中、川にも寄り道したりして足掻いてみましたが結果は変わらず、先週に引き続きおサカナの写真はありません。

ごめんなさいです。。。

ナシ。。

気温の上昇に誘われて、9日午後からリザーバーで巻いてみました。

水位は4Mくらいの減水、中流域の水温は12℃~14℃

干上がったバンクの3Mくらいのラインを上流へ向かって流しながらワンドまで進み、ワンド内の立ち木群にはシャロークランク達をキャスト。


情報無し。


流しながら対岸のインレットへ渡りシャロークランキン。


異常無し。


むき出しのバンクをざっくり流し、岬周り、水中島ではディープクランキン。


反応無し。


上流域は諦めて折り返し、下りながら辛うじて残るカバーへあの子もこの子もタイトに通して、残念な結果に。。

止めても沈めても現状を打開出来ず、何も掴めないまま巻き終わりました。。。



湖に浮かんだだけの報告になってしまい、申し訳ありません。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »