« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

体格

26日夕方、巻いて来ました。

雨に誘われたハズなのに、フィールドに着くと雨は止み、晴れ間が広がる展開。。


それでも上から探ろうと、トリプルインパクト105をウィード群の際に通すと、キスバイト。


再び同じラインを通して、止めて。。


ちゅぽっ

と、控え目なストライク。


難なく寄せたものの、取り込む際に手間取り、さよ~なら。


若干凹みつつ、浅い所を巻きながら上り、冠水したブッシュの際で軽い違和感。


合わせもそこそこなのに好きに走られ、ヒヤヒヤしながらのランディング。

20130626

無事、写真に収められました。


満足の一尾です。

沈黙

22日、午後からリザーバーで巻いて来ました。

水位は満水、中流域の透明度は1mくらいでしょうか。

日差しが強かったので、カバーの影を巻き、だらだら続くバンクにはディープクランキン。

岬周りを巻いても、小魚達が溜まるゴミ溜まりの際を巻いても反応を得られず。。

下りながら流した立ち木群で、スコブルさんにバイトが有りましたが、どうやら触れただけのようで、クルージングはお終い。。


翌23日、午後から野池で巻いて来ました。

池の水位は満水、赤く色の着いた水です。

冠水したブッシュやオーバーハングした木の影、葦際を巻いても応えは返って来ません。

ようやく、倒木に通したサンダーシャッド310を追いかけて来たサカナが、バイト!

いや、体当たり?

残念ながら乗せることが出来ず、他のエリアを巻いても芳しくなかったので、移動。


相性は良いハズ!と、いつもの池に入り、葦際、冠水ブッシュ、倒木にシャロークランク達を通して、チェイスすら無く。。

少し深い所も巻いてみましたが、こちらも不発。


心折れて池から上がりました。

軍配

ハラダから着信が有り、一緒に川で巻いて来ました。


到着して早々、良いサカナを掛けたのは、ハラダ。

ウィードの際でワームを放置していたそうです。


ワタシはウィードの上っ面を巻いていましたが、一向に反応を得られず、移動。


サーフェスには出ないようだったので、フラットミニSRで少しレンジを下げてみたところ、沖のウィード群でバイト。

201306211706

対岸のバンクでは元気良く食事をする連中も見受けられましたが、ワタシが投げる子達は見向きもされず、深い所も巻いて、音沙汰無く。。


対照的にハラダは深浅構わず、結果を残していたようです。。



白濁

20日夕方、雨の水路で巻いて来ました。

カバー周りのサーフェスから探りを入れて、反応は無く。。

レンジを下げても同様だったので、下流側へ移動。


流れて来たであろう、浮きゴミの周りでは小魚達が跳ねていましたが、捕食者達はお留守のようで。。。

更に下流側へ。


ココでもあれこれ巻いて、得られた情報は皆無。


巻きながら上り、インレット周りにKVD1.5を入れて、潜りきったところで違和感。


20130620


コチラに走って来ていたので、慌ててラインを巻き取った相手は、何度も突っ込むヒゲな方でした。。

着水

18日、お仕事の帰りに川で巻きです。

前日、ライさんにストライクされた岬よりも上流側にある、ベンドのインサイドからサーフェスを巻いて上りましたが、バイトはもちろん、チェイスも無く。。

ヒントを得られないまま遡上。

ワンド奥のゴミ溜まりの際を探ろうとして投げたフラットミニSRは、ミスキャストで冠水した陸生植物の先端に着水。


と、同時に控え目なバイト。

201306181746


体格のワリに生意気なファイトを披露してくれました。

負傷

17日夕方、川で巻いて来ました。

巻きながら上り、瀬の向う側で元気良く食事をしているサカナに遭遇。


表層を通してみましたが、音沙汰無く。。 ウィードの上っ面、ブレイクを巻いてもイマイチ。。


流れの当たるバンクを流した後、岬周りにトリプルインパクトを通すと、長い影が追いかけて来て・・・


ぼふっ

201306171811

パワフルなライさんのお陰でフックは伸び、ヒートンが引き抜かれそうでした。。


ライさんに針を残さずに済んでホッとしてます。

16日、土砂降りの川で巻いて来ました。

本流に濁りは無いものの、流れはキツく、水路は容赦無く茶色い水を放出。

どうやら、巻きが成立しそうなのはワンドだけなようで。。

そのワンドも藻だらけで、油断するとサーフェスを通しても藻刈りになってしまう状況。

奥のバンクに沿うようにトリプルインパクトを投げると、着水と同時に


ぼふ!


乗らず。


そのまま巻いて、控え目な


ぼふ。。


乗らず。


次のキャストで出たサカナは乗せることが出来たのですが、ウィードに潜られそうになり、一歩踏み出したところ


ぼすっ


ワタシの右足が石と石の間にスッポリハマり、サカナは外れ。。

意気消沈


この後は反応も無く、肩を落として引き上げました。

確認

11日に続き、川で巻いて来ました。


ウィード群や流れのヨレを巻きながら上りましたが、何処にもサカナは居らず。。

捕食者が潜むであろう岬を、あの子やこの子で丁寧に巻いても反応を得られず。。


それでも、変化に乏しいエリアだったので、この岬に執着し角度を変えてトリプルインパクトを通すと、後方で水面が盛り上がり。。


ライさん?


二度目はバイトしてこなかったので、レンジを下げて同じラインを通してみると、リトリーブを止められ竿は重くなり、絞り込まれました。

201306121724


やっぱりアナタでしたか。。

信頼

先週末は息子がケガをしてしまい、巻きに出られず、また、ブログの更新も滞ってしまい申し訳ありませんでした。




ワタシの車の調子が再び悪くなってしまい、代車を借りて、そのまま雨に誘われるように川で巻いて来ました。


風が吹き抜け、水面には出難いかなぁと思いながらも、繁茂したウィードに手を焼きそうだったのでトリプルインパクトの105を選択。

水面まで伸びたウィード群を縫うように通すと、いきなりバイトして来ましたが乗らず。。

フォローも叶わず、上流側へ移動。



浅い所でボイルが起き、トリプルインパクトで狙うと気持ちの良いストライク!

潜られてトロロ藻だらけになってしまいましたが。。。

20130611


久しぶりのバスの香り。。



堪能しました。

合間

6日、調子が悪くなってしまった車を預けている間に、下げの水路で巻いてみました。


浮いていた小魚群を散らすように水面から水面直下を巻いて、ライさんと思われる捕食音が一度。

インレット周りや少しでも変化のある場所では、探るレンジを下げながら巻き、水性植物の脇にCBー50を通した際、何か触れたかな?程度の感触があり。。

一応、HPFでフォローすると足元でバイトして来ましたが、乗らず。。。

下流域へ移動。


小魚達が寄っていたインレット周りをしつこく巻いて、反応は無く。。

沖の流れの澱みにRC2を入れて、潜りきったところで、竿が重くなり、聞いてみると・・・

201306061723

ヒゲな方でした。

先週末はマトモに巻いていなかったので、具合が悪くなってしまう前に、お仕事の後アゲの水路で巻きへ。


浮き気味の小魚達の脇にサーフェスな子達を通して進み、カバーの周りでも反応ナシ。。


流れて来る浮きゴミがジャマで思うように巻けず、ストレスが溜まる展開。。


ゴミの少ないエリアを選んでシャロークランク達を通しても芳しくなく、アウトサイドのベンドへ移動。


バスハンターを流れに乗せるように通すと、足元でストライク!

201306041739

体格が良く、暴れ回ってくれたお陰でこのエリアから離れ、他の場所でも巻いてみましたが、反応はナシ。


まぁ、巻けただけでもヨシとしましょうか。

シャローラビット

  201305250556 この子には、何となくカバーをすり抜ける印象を持っていましたが、折角バイトを得ても抜けてしまう事が多かったんです。。

苦肉の策として、回避能力を落としても「掛ける」「乗せる」コトに重点を置き、前後の針が絡むのは承知で6番に変更。

リトリーブは、ややゆっくり丁寧に。

元々、この子の飛距離には不満だったため、長い距離は泳がせず、ショートキャストでのアプローチを繰り返しています。

懸念していたフック絡みも、短い距離を回収するのであれば、今のトコロそれ程ストレスにはなっていません。

が、今後、フックが絡む事に不満を感じるようであれば、考え直さないといけないですね。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »