« ウィグラー(オリジナルモデル) | トップページ | ’13回顧 »

トリプルインパクト120

120 105よりも広い範囲で、より速くサカナを探したい時には、この子に出番が回って来ます。

遠投してプアなバンクに沿って巻いたり、冠水した植物の間をバズベイトのように通したり。

手返しが良く、ワタシの巻きのリズムを作ってくれる子です。


また、105では存在が薄れてしまいそうな流れの中に突っ込むのも、この子。

ファストリトリーブでも、流れに任せてゆっくり巻いても、止めてもバイトを得られました。


105と120は大きさで投げ分けるというより、速さで投げ分けるイメージですかね。

« ウィグラー(オリジナルモデル) | トップページ | ’13回顧 »

偏愛クランクベイト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1046214/54367255

この記事へのトラックバック一覧です: トリプルインパクト120:

« ウィグラー(オリジナルモデル) | トップページ | ’13回顧 »