カテゴリー「偏愛クランクベイト」の63件の投稿

FD-flamingo

しばらく療養されていたFDさんが復帰されるそうなので、FDーflamingoを取り上げてみます♪

購入のキッカケは忌まわしき震災。

FDさんのチャリティ企画に参加させて頂くカタチでこの子たちがやって来ました。

Famingo2

緻密な設計を施された身体に加え、確か、ウェイトにタングステンを使っているこの子。

キレイに飛ぶので、キャストも決まります。

そして、タングステンの恩恵はアクションにも波及し、キレのある強烈なフラッシングで魚を浮かせ、カバーの際を通せば奥から魚を引っ張り出します。

201204280558

うろ覚えですが、ベリーの赤いスプリットリングはストライクドットの役割を担うと解説されていました。

広く、速く巻いてフィールドの状況を探りながら食わせちゃう子、という位置付けでこの子を巻いていますが、製作者のFDさんには明確なイメージがあって、限られたシチュエーションにおいてチカラを発揮するそうです。。


ここぞ!という場面・・・

ワタシ、解ってません(汗)

バジンクランク

季節が移るにつれ水面が賑やかくなり。。
濁りの入った水域では特に、この子の出番が多くなります。

並木さんがバズベイトのようにサーチ出来るクランクベイトとしてリリースした、バジンクランクさん。

遠投して、ただ巻き。

とってもシンプル。

身体つきからは想像出来ない程の引き波を起こすアピール力は広範囲を探るにはうってつけで、オープンウォーターでも充分魚を振り向かせられますが、ベイトボールを直撃し群れを散らすと尚、効果アリです。

20100610175244

振り返ると、カバー周りでは着水後スグのバイトが多かったような。。

リグの組み方が絶妙なのか魚の乗りが良く、安心して投げられます♪


MUTT

シンキングなクランクベイトを夢中で探していたのに、周り回って購入したマットさん。

どこにでも居そうな、小粒なフラットサイドです。

Mutt

でも、この子の泳ぎを見てスグに虜になってしまいました。

そのアクションは、まさにハイピッチ!

ブレイクの上などを通した時は、ファストリトリーブで必死に逃げるエサを演出♪

速さで食わせるイメージでしょうか。。

また、カバー際を巻けば、タイトなアクションで奥に潜む魚へ存在をアピールして、誘い出してくれます。

201409070645

小粒なクランクベイトとしては高価なので失くしたり壊したりすると痛いのですが、確実に仕事をこなす、出来る子です。

スナブノーズM5

着水後、いきなりトップギアで泳ぎ出すこの子。

Snubm5

硬軟問わず障害物を回避する能力に優れているので、カバーをタイトに通す事が出来、ピッチの速いキレる泳ぎで太いテイルを振ってカバーに潜むサカナへ積極的にアピールしてくれます。

Snub1

この太いテイルはキャスタビリティにも一役買っていると思われ、小粒な体格でもしっかりキャスト出来ます。

印象としては、ラウンドボディの良いトコとフラットサイドのようなアピール性能を兼ね備えているイメージでしょうか。。

カバーの中でも外でも勝負出来る子♪です。

この子と同じくらいのレンジをトレースする子達は数多ありますが、巻く速さやプレッシャー、水の具合でそれらと分けて巻いています。

この子を巻くシチュエーションを限定している訳ではないので、先発→完投してしまうことも多い、一日巻いてしまう子です。

スーパーピーナッツ(サイレント)

安価で、どこの釣具屋さんでも購入出来るクランクベイト代表、ピーナッツさん。

その子よりも少しだけ価格が高く、基盤リップ+ノンラトルを施されたこの子。

Super

オリジナルな子に比べるとロールよりウォブルが目立ち、基盤リップの効果も有って、切れ味抜群♪

この子の開発経緯や背景は知らないのですが、海を渡って来たダンスキングさんが
「日本のフィールド用にアレンジを加えられたら、こうなりましたよ」
っていう印象を持っています。

リザーバーなどの立ち木群や野池の倒木周りで巻いてもストレスを感じたことは無く、回避能力は有り。。

ピッチの速さも相まって、カバーを抜けたところでストライクを誘発出来る子だと感じています。

201311030607

個人的には、もっと評価されても良い子だと思うのですが、

カタログ落ちしちゃってますね (ノд・。)

ブリッツマックス DR

遠投して、岬の先端やバンクの張り出しに当てることが多い、この子。

Blizmax_dr

サカナを探すだけでなく、様々な変化も探してもらっていますので、ディープクランク特有の巻き上げた時に出るバイトだけでなく、ガリガリと底に当て続けた時にもサカナを連れて来てくれました。

また、深い所を探った後、竿を持ち替えなくてもショートキャストでシャローカバー周りを巻くことで効率を上げられます。

季節を問わず結ぶことが多い、この子。

一つで二度美味しい、そんな子です。

ロデオドライブ タイプC

手っ取り早くサーチ出来て、応えが速いことはクランクベイト達の魅力の一つだと思います。

ワタシは、カバーの中は別としても、「クランクベイトは速く巻いてこそ意味がある」と考えていますが、荒天で濁りが入った時など、サカナの反応が鈍かったりショートバイトが続いたりして、ゆっくり丁寧な展開も必要だと痛感させられる場面もありました。

頭では判ってはいるけれども、自身の巻きのリズムは簡単に変えられず。。

そんな不器用なワタシのジレンマを解消してくれたのが、この子。

ロデオドライブ タイプC です。

201311020615

幅広なコフィンリップはハードなカバーへの対策だけでなく、水を受け止めて一定層のスローリトリーブが可能に。

その恩恵は、カバーを抜けた後、下からガツっと襲われることでしょうか。

カバー周りを攻めた後に、そのままバンクや岬の中層を通してもサカナを連れて来てくれる、タフな時にこそ力を発揮出来る子ですよ♪

スカルピン(10F)

F この子はしっかり遠投出来て、派手な泳ぎと重低音なラトルで、少し深い所のサカナを引っ張り出してくれます。

巻いて良し、当てて良し、な子で、ノー感じな中層では小気味良いリズムで巻くことが出来て、障害物に当たった時の挙動はサカナにとって美味しそうに映るらしく、張り出した岩に当てたり、ボトムを叩くことがバイトに結びついています。

春の岬周りでは良型を連発させてくれた事もありました。

今季も結果が出ると良いのですが。。。

コンバットクランクSR

Combat_crank_2 この子は良く飛んで、賑やかなラトルと滑らかな泳ぎで浅場を探ってくれる子です。

カバーの中に突っ込むと、障害物を交わしながらゆっくり、しっかりアピール出来て低い浮力を活かせます。

その浅場から多くのバイトを得ることが出来ましたが、掛けたサカナを外してしまう事も多く。。

苦肉の策として、フックのサイズを上げたものの今度はスタックすることが増えてしまい、結果、元の番手に落ち着きました。。

「身体の大きさのワリに針が小さい」事が回避性能を担保していたようです。。

サンダーシャッド306

201204301517_2  この子は、水面から水面直下を探った後の、カバー周りやブレイクをファストリトリーブで通しています。

上を意識していても出なかった連中を引っ張り出すイメージで、とにかく「速さ」を意識して巻いています。


しかし、速さにだけ囚われて、複雑なカバーへタイトにアプローチすると根掛かってしまうので。。

飛距離を活かしてプアなバンクを流したり、立ち木の隙間を何度も通したりして、弱点は手数で相殺。


雑に巻いてもしっかりアピール出来る、頼りになる子です。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー